コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサウオ クサウオLiparis tanakae

3件 の用語解説(クサウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサウオ
クサウオ
Liparis tanakae

カサゴ目クサウオ科の海水魚。全長 50cm内外。体は延長して細長い。頭は縦扁して幅広く,断面は四辺形。鼻孔は 2個。上顎は下顎より長い。腹吸盤は卵形で大きく,その前縁は眼の下方にある。体の背方は淡灰色,腹方は淡色または赤みを帯び,暗色紋が散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クサウオ【Liparis tanakae】

カサゴ目クサウオ科の海産魚。相模灘以北の太平洋側,富山湾以北の日本海側から千島付近まで分布し,水深100m前後の泥質の海底にすむ。腹びれが吸盤状に癒合する。体色は淡い灰色で暗褐色斑が散在する。体長45cmに達する。成魚は秋から冬にかけて内湾に来遊し,12~2月に浅い泥質の海底に卵を産む。卵はくっつきあって直径5~15cmほどの塊になり,海藻の切れ端やごみなどに付着する。肉食性で,イカナゴ,コチなどの魚類,甲殻類を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサウオ
くさうお / 草魚
Tanaka's snailfish
[学]Liparis tanakai

硬骨魚綱カサゴ目クサウオ科に属する海水魚。九州の中部以北の日本周辺、東シナ海、黄海(こうかい)、渤海(ぼっかい)に分布する。体は柔らかく、皮膚はぶよぶよしている。頭は縦扁(じゅうへん)して幅広く、ややとがる。体は細長くて側扁する。鼻孔(びこう)は各側に2個あり、前鼻孔は管の先端に開く。鰓孔(さいこう)は大きく、胸びれの第11軟条基部に達する。尾びれのおよそ半分は背びれおよび臀(しり)びれと連なる。胸びれは幅広く、欠刻がない。腹びれは卵形の吸盤となっている。体は淡い灰色で暗青色の斑紋(はんもん)が散在する。水深100メートル以浅にすみ、おもに小形の底生魚類、エビ類などを食べる。産卵は12月から翌年2月に内湾の水深70メートルの泥底で行う。卵は直径5~15センチメートルぐらいの塊になり、海藻に付着する。体長45センチメートルぐらいになる。
 底引網などで漁獲される。一般には利用されていないが、冬に新鮮なものはおろし和え、煮つけなどにし、卵巣はしょうゆ漬けにする地方もある。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クサウオの関連キーワードスペイシー50

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサウオの関連情報