コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサカゲロウ Chrysopidae; lacewing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサカゲロウ
Chrysopidae; lacewing

脈翅目クサカゲロウ科に属する昆虫の総称。弱々しい昆虫で,普通体と翅脈は緑色であるが,黄褐色や灰色の種もある。翅は前後ともに長卵形でほぼ同大,透明で虹様光沢がある。触角は糸状で長い。複眼は金色に輝く。卵は白色の卵形で,長い糸状の柄で他物に付着するが,俗にこれを「うどんげ」という。幼虫はアリジゴク (ウスバカゲロウの幼虫) に似て細長く,大顎でアブラムシハダニなどを捕え吸血する。老熟すると樹皮下などに球形の繭をつくり化する。成虫も幼虫と同様にアブラムシなどを捕食する。捕えると悪臭を発するのでその名がある。全世界に 4000種以上を産する。日本にも相当数の種を産し,ニッポンクサカゲロウ Chrysopa nipponensis,ホンクサカゲロウ C. vittata,クモンクサカゲロウ C. formosana,ヨツボシクサカゲロウ C. septempunctataなどが日本全土にみられる。 (→脈翅類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クサカゲロウ

脈翅(みゃくし)類クサカゲロウ科に属する昆虫の総称。体と翅脈は美しい緑色のものが多いが,茶色や灰色の種類もある。翅は弱い真珠光沢があり,透明。開張30〜40mmの種類が多い。
→関連項目優曇華

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサカゲロウ
くさかげろう / 草蜻蛉・臭蜻蛉
green lacewing

昆虫綱脈翅(みゃくし)目クサカゲロウ科Chrysopidaeの昆虫の総称、またはそのなかの1種。クサカゲロウ類は、いずれもよく似ており、淡緑色の体色で、はねの開張30~40ミリメートルの種類が多いが、それよりやや短・長の種もある。触角は細長い。はねは幅広く、前翅と後翅は同形で、薄くて透明、網目状の脈がある。低木や草上にすみ、幼虫は普通食べかすで背中を隠している。幼虫は活発で、成虫とともにアブラムシ(アリマキ)などの小虫を捕食し、一生に数千匹も食べるので、益虫としての価値が高い。成虫は5~9月ごろ灯火にもよく飛んでくる。つまむと独特のにおいを発するが、これが名前の由来とされることもある。また、この類の雄虫はマタタビに誘引される性質があり、誘引されると葉や茎をかじり食べる。人間にもまれにかみつくことがある。卵はテグスのような細長い柄の上につけ、これを十数本まとめて産み付ける。これがちょうど花の雄しべのようにみえ、昔の人はこれを、仏教でいう3000年に一度咲くという花になぞらえ「うどんげ(優曇華)」とよび、吉凶いずれかの前兆とした。
 クサカゲロウChrysopa intimaは、この類の代表種で、体長10ミリメートル内外、はねの開張30ミリメートル内外。全体に弱々しい虫で、体は淡緑色、目は生きているときは金色に光り、翅脈は淡緑色をしている。顔面にX形の、後頭部に四つの黒紋がある。成虫は5~9月に出現し、電灯にもよくくる。北海道、本州、樺太(からふと)(サハリン)、シベリアに分布する。このほか、日本にはヨツボシクサカゲロウC. septenpunctata、クモンクサカゲロウC. formosaがあり、頭部の黒紋の形や数で区別される。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クサカゲロウの関連キーワードクサカゲロウ(臭蜻蛉)カマキリモドキウミウドンゲスズコケムシ姫四星草蜻蛉蜉蝣・蜻蛉カゲロウ類松村草蜻蛉網目蜉蝣目無紋草蜻蛉背赤草蜻蛉四星草蜻蛉赤条草蜻蛉九紋草蜻蛉タマバチ星草蜻蛉マタタビ草蜉蝣ミカン鱗翅類

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android