クサガメ(臭亀)(読み)クサガメ(英語表記)Reeves’ turtle

世界大百科事典 第2版の解説

クサガメ【クサガメ(臭亀) Reeves’ turtle】

日本では公園のなどでもっともふつうに見られるヌマガメ科バタグールガメ亜科Batagurinaeの淡水性カメ(イラスト)。本州,四国,九州,壱岐,対馬のほか,朝鮮半島,中国東部,台湾に分布。甲長10~25cm,雌は雄よりも大きくなる。池や川にすみ,公園や社寺の池ではニホンイシガメと混生しているが,次の点で区別できる。すなわち本種は頭頂の後半部が細鱗に覆われ,背甲周縁が滑らかでギザギザ状でなく,頭頸部に鮮やかな黄色の斑紋があり,各甲板は黄色で縁取られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android