コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマツナ

栄養・生化学辞典の解説

コマツナ

 [Brassica campesteris (rapifera group)].フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の二年草.葉や茎を食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

コマツナ

《栄養と働き》


 アブラナ科の1、2年草で「冬菜」「雪菜」「ウグイス菜」などとも呼ばれます。東京の小松川村(江戸川区)が原産地でたくさん収穫されていたため、コマツナという名前が一般的になりました。関西では「畑菜」とも呼んでいます。
〈カルシウムはホウレンソウ以上、ビタミンA、Cも豊富〉
○栄養成分としての働き
 コマツナはホウレンソウとならぶ緑黄色野菜の代表で、栄養的にはカルシウムが非常に多いのが特徴です。ホウレンソウの含有量が100g中49mgに対し、コマツナは170mgも含んでいます。カルシウムは骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)予防に役立ちます。神経の興奮性を適切に保つ働きもあるので、ストレスによるイライラ感を緩和してくれます。
 コマツナは美容にも強い味方となってくれる野菜です。カロテンが豊富で3100μgを含み、ビタミンCは39mg含みます。
 カロテンは肌荒れを予防し、健やかな肌を保ってくれますし、Cはシミ・シワを防ぐ働きをします。さらにカロテンは、がんの予防にも効果があるといわれています。
 そのほか、鉄分、カリウムも多く含んでいます。鉄は赤血球のヘモグロビンの材料となるので、貧血に悩む人はコマツナを常食するといいでしょう。
 一方、カリウムはナトリウムの排泄(はいせつ)をうながして、血圧を下げる作用があるので、高血圧症予防に役立ちます。
 鉄に加え、亜鉛(あえん)、リンなどのミネラル分も多いので、成長期の子どもから高齢者まで、常食したい食材の1つです。

《調理のポイント》


 アクが少ないので、ゆでずに汁ものの料理にそのまま使えます。ビタミンCは水溶性なので、洗うときは手早くし、水切りも完全に。Cの効果を期待するなら、汁ごと食べるくふうをしましょう。
 カロテンを効率的にとれるよう、油を使った料理もおすすめ。油で炒(いた)めたり、油揚げと組み合わせて煮びたしにしたりと、油脂を含むものといっしょに調理すると効果的です。また、カルシウムの利用率を高めるためには、シイタケやちりめんじゃこ、レバーなどビタミンDを含む食品といっしょに食べるといいでしょう。
○注意すべきこと
 栄養価の高い野菜ですが、亜硝酸塩(あしょうさんえん)を含んでいるので、アミンを含む食品との組み合わせは要注意。発がん物質を生成する恐れがあります。アミンを含む食品とは、ハム、ソーセージ、オイルサーデン、たらこなどです。
 ビタミンCの多いものと組み合わせると、発がん性を消去できるので、食後にミカンなどをとりましょう。

出典 小学館食の医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマツナ
こまつな / 小松菜
[学]Brassica campestris L.

アブラナ科の二年草。植物学上はカブやハクサイと同一の種で、カブから改良されてできたものといわれる。栽培の起源はつまびらかではないが、江戸時代初期には各地で栽培されていた。東京都江戸川区小松川も産地の一つであったが、5代将軍徳川綱吉(つなよし)がこれを好み、小松川にちなんで小松菜の名をつけたといわれる。明治になっていっそう盛んに栽培されるようになった。食用部となる根出葉はへら形で切れ込みがなく、葉肉は薄く柔らかい。春にとう立ちして、美しい黄色の十字花をつける。花や果実、種子はカブのそれに似ている。根は多少肥大するが、食用としない。
 耐寒性が強く、積雪の下でも濃い緑を保ち枯れないので、各地で栽培されている。一般に秋(関東では9~11月、東北では8、9月)に播種(はしゅ)し、正月から利用する。3、4月の春播(ま)きのものをつまみ菜として利用するが、若々しい緑色と、ウグイスの鳴くころに出回るところから、ウグイスナともよぶ。[星川清親]

食用

可食部100グラム中に、ビタミンAをカロチンで3300マイクログラム、Cを75ミリグラム含む。またカルシウム、鉄なども比較的多い。くせがなく、親しみやすい味で、さまざまな料理に用いられる。塩をすこし加えた湯でさっとゆで、水に放して冷やし水けをきる。おひたし、和(あ)え物、炒(いた)め物、そのほか利用範囲が広い。とくに江戸風の雑煮に欠かせない。これは、年頭に松の実と若菜を食べると、健康と長寿を得るという中国の古い風習に倣ったもので、その代用としてコマツナが用いられるようになったといわれている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コマツナの関連キーワード妊娠中に必要な栄養素を多く含む食品甚目寺(愛知県の地名)神奈川県横浜市都筑区色で見わける栄養分アレルギー性結膜炎アレルギー性鼻炎埼玉県八潮市摘み菜・摘菜胃酸過多症ものもらいシュンギクウグイスナオカヒジキビタミンC三郷(市)白さび病摂食障害インジゴ小児貧血クサガメ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コマツナの関連情報