レバー(英語表記)liver

翻訳|liver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバー
liver

食品の場合はあるいは肝臓をさす。蛋白質 20%,脂肪4%,糖質2%が含まれ,ビタミンA,B2,B12 ,ニコチン酸なども多く,栄養価は高い。変質しやすいのですみやかに調理する必要がある。レバーペースト,レバーソーセージの原料となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レバー(lever)

てこ
機器を操作するときの取っ手の棒。航空機の操縦桿(そうじゅうかん)や、自動車のギア転換装置の棒など。

レバー(liver)

食用にする、牛・豚・などの肝臓。きも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レバー

食用としての肝臓をいう。料理には鶏,牛,豚などのものを用いる。特殊なものにガチョウの肝臓フォアグラがある。良質のタンパク質,各種ビタミンやミネラルを多く含み,強壮食品とされる。血抜きして生臭さをとったり,香味野菜と合わせて調理し,ソテーペースト,付焼きなどとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

レバー【lever】

てこ。
てこを応用した取っ手。

レバー【liver】

肝臓。きも。特に、食品となるものについていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レバー
ればー
liver

食用とする動物の肝臓のこと。ウシ、ブタ、ニワトリが一般的。俗称を「きも」といい、腎臓(じんぞう)、胃、腸などの内臓類とともに「もつ」とよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

レバー

〘名〙 (lever)
① 機械を操作するための可動式の取手(とって)。自動車の変速ギヤ、ハンドブレーキの操作棒など。
※永遠なる序章(1948)〈椎名麟三〉三「安太は、ブレーキのハンドルとレバーを外して手に持つと」
② 鉄梃子(かなてこ)
オリンポスの果実(1940)〈田中英光〉二「向ふは金梃(レバー)をもち、扉をあけ」
③ 梃子(てこ)。槓杆(こうかん)

レバー

〘名〙 (liver) 食品として用いる、牛・豚・鶏などの肝臓。きも。
※食道楽‐冬(1904)〈村井弦斎〉二八九「レバーと云って犢の肝臓のお料理があります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のレバーの言及

【もつ料理】より

…また全般的に特有の臭みがあるので,流水や塩水にさらしたり,ゆでたりして血抜きをし,あるいは牛乳につけるなどの下調理をする必要がある。 部位別にみると,肝臓(レバー)は子牛,鶏,豚のものがよく用いられる。血抜きして薄い膜をはがし,薄切りにしてバターでソテーにしたり,子牛の場合は丸ごと蒸し煮,豚はレバーペーストなどにする。…

※「レバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レバーの関連情報