コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガメ イシガメClemmys japonica

3件 の用語解説(イシガメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシガメ
イシガメ
Clemmys japonica

カメ目カメ科。甲長 15cm。背甲は茶褐色ないし暗褐色で,あまり丸みを帯びない。頭にはクサガメのような多数の黄色条がなく,一様な色彩である。日本 (北海道を除く) の固有種で池や川にすみ,魚類,カエルミミズ,エビ,昆虫類,水草などを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イシガメ

ヌマガメ科イシガメ属に属する淡水性カメ類の総称。日本特産のニホンイシガメは単にイシガメと呼ばれることも多い。本種は甲長13〜18cm,背面は黒褐色で,腹面は黒色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシガメ
いしがめ / 石亀
pond-turtle

爬虫(はちゅう)綱カメ目ヌマガメ科イシガメ属に含まれるカメの総称。この属Mauremysには4種が含まれ、アフリカ北部、イベリア半島、ヨーロッパ南東部から、北部を除くアジア一帯に広く分布する。日本の本州、四国、九州に分布するニホンイシガメM. japonicaは甲長13~18センチメートル、背甲はあまり高くなく、中央部には鈍い隆条があり、後縁はぎざぎざ状となっている。甲や頸部(けいぶ)には目だつ模様がなく、腹甲は一様に黒色をしている。池沼や浅い渓流にすみ、昼間は岸辺で日光浴をするが、危険を感じるとすぐ水中に逃れる。後肢の足指の間には水かきが発達して泳ぎが巧みであり、陸での行動もすばやい。餌(えさ)は小魚、水生昆虫、水草などである。雌は初夏に岸辺の地中に穴を掘り、4~8個ほどの卵を産む。卵は70~90日で孵化(ふか)し、子ガメはゼニガメとよばれペットにされる。京都周辺(人為分布によると思われる)、吐喇列島(とかられっとう)の悪石島(あくせきじま)、八重山列島(やえやまれっとう)および台湾、中国中南部、インドシナ北部に分布するミナミイシガメM. muticaは甲長18センチメートル、腹甲は淡黄色で黒色の斑紋(はんもん)がある。また、イシガメの背甲にアオミドロなどの緑藻類が付着して長く伸びたものを蓑亀(みのがめ)といい、古来、瑞兆(ずいちょう)として珍重される。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イシガメの関連キーワード丹波市産の竜脚類松葉杏琉輸入冷凍エビの価格高騰アカニシアゼムシロアーティチョークアフリカマイマイアメフラシアルメリアアンゴラウサギ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イシガメの関連情報