クシシュトフ ペンデレツキ(英語表記)Krzysztof Penderecki

20世紀西洋人名事典の解説

クシシュトフ ペンデレツキ
Krzysztof Penderecki


1933.11.23 -
ポーランドの作曲家。
クラクフ音楽院院長。
デンビツァ生まれ。
1958年クラクフ音楽院卒業後、’59年ソプラノ・朗読・10の楽器のための「ストロフィ」、混声合唱打楽器の「ダビデの詩編」、2群の弦楽合奏「放射」を発表し第2回ポーランド作曲家同盟青年部作曲賞受賞、世界的注目を浴び、’60年「アナクラシス」、52の打楽器のための「広島の犠牲者にささげる哀歌」で4分音やトーン・クラスターの独特なスタイル表現、前衛音楽の主導的地位を確立。他に’65年混声合唱とオーケストラの「ルカの受難曲」、’69年オペラ「ルードンの悪魔」等の作品があり、’72年母校院長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

クシシュトフ ペンデレツキ
Krzysztof Penderecki

職業・肩書
作曲家,指揮者

国籍
ポーランド

生年月日
1933年11月23日

出生地
クラクフ近郊デムビツァ

学歴
クラクフ音楽院〔1958年〕卒

受賞
ポーランド作曲家同盟青年部作曲賞(第2回)〔1959年〕「ストロフィ」「ダビデの詩篇」「放射」,グラミー賞(第30回・41回)〔1987年・1998年〕,ユネスコ音楽賞〔1993年〕,世界文化賞(音楽部門,第16回)〔2004年〕,マラフスキ作曲コンクール管弦楽部門第1位〔1962年〕「カノン」

経歴
1959年「ストロフィ」「ダビデの詩篇」「放射」で第2回ポーランド作曲家同盟青年部作曲賞を独占、さらに翌’60年ドナウエッシンゲン音楽祭で弦楽器と打楽器のための「アナクラシス」が初演され、西側作曲界で一躍注目された。’62年「カノン」でマラフスキ作曲コンクール管弦楽部門の第1位を獲得。’65年代表作「ルカ伝による受難曲」を発表、幅広い層から評価される。ほかに、52の弦楽器のための「ヒロシマの犠牲者への哀歌」(’60年)、「フルーレセンセス」(’62年)、オペラ「ルードンの悪魔」(’69年)、オラトリオ「キリストの復活」(’71年)、交響曲第1番(’73年)、バイオリン協奏曲(’76年)、「テ・デウム」(’79〜80年)、交響曲第2番「クリスマス」(’80年)など。初期はトーン・クラスター(密集音群)を多用するなど前衛的な手法で知られたが、次第に宗教的・伝統的な作風に変わっている。’72年からクラクフ音楽院院長、’73〜78年エール大学作曲科教授。指揮者としても活動し、’88〜92年北ドイツ放送交響楽団首席客演指揮も務めた。’76年初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android