コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセ(曲) くせ

世界大百科事典 第2版の解説

くせ【クセ(曲)】

能の用語。謡事の一種。中世の流行芸能である〈曲舞(くせまい)〉を取り入れたもので,七五調を基準とした叙事的韻文の楽曲。謡事の中でも長大な部類に属し,一曲の中心部分に位置する。謡の聞かせどころでもあるため,変化をつけるために字余り字足らずの句を多用し,作曲上もリズムの変化に重点をおいている。多くはシテ役の物語りで,恋物語や軍(いくさ)語りなどの自己の体験を語る場合と,寺社の縁起や故事来歴などの伝聞を語る場合とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android