コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッキー くっきーCookie

翻訳|Cookie

知恵蔵の解説

クッキー

Cookie」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

クッキー

ウェブサーバーからブラウザに送られ、パソコンに保存される情報ファイルと、そのファイルをやり取りする仕組みのことです。クッキーを利用するウェブサイトにアクセスすると、識別用のファイルが自分のパソコンのハードディスクに記録されます。クッキーが保存された状態で同じウェブサイトにアクセスすると、逆にパソコンからそのファイルが送信され、ウェブサイト側で一度アクセスしたパソコンを特定できるのです。
クッキーは、特別なログイン操作をしなくても利用者ごとにページのデザインを変更できる機能や、ウェブページにアクセスした回数などを記録するのに使われます。広告配信などの目的で、ウェブサイトの閲覧履歴などの行動データを集めるのに利用されることもあるため、ウェブブラウザやセキュリティ・ソフトで遮断できるようになっています。
⇨ウェブサーバースパイウエア

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クッキー(〈アメリカ〉cookie)

小麦粉にバター砂糖・卵・牛乳・香料などを加えて焼いた菓子。→ビスケット

クッキー(Cookie)

ウェブサイトから送信され、ブラウザーを通じて利用者のコンピューターに一時的に保存される情報ファイルのこと。またはその仕組み。クライアントの識別に利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クッキー

小麦粉,バター,鶏卵,砂糖などを材料として好みの形を作り,天火で焼き上げた菓子。製法ビスケットと同じであるが,一般にバターなど脂肪分が多く風味豊かに作られたものをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クッキー

cookie」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クッキー

 ビスケットともいう.コムギ粉,バターなどを主原料として焼いて作る菓子.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

DBM用語辞典の解説

クッキー【cookies】

コンピュータのハードディスク上に、ブラウザによって保管された履歴情報。これによって、そのウェブサイトにすでに訪れたかどうか、また、オンライン・ショッピングのショッピング・カートに商品を入れ残したかどうかなど、コンピュータが認識する。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

クッキー【cookie】

小麦粉・バター・砂糖・香料などを混ぜ合わせ、成形してオーブンで焼いた小型の洋菓子。◇ほぼ同じものをアメリカでは「クッキー」、イギリスでは「ビスケット」という。日本では、「クッキー」は一般的に「ビスケット」に比べて砂糖・バターの配合が多く、さっくりした食感でぜいたくな風味のものをさすことが多い。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

クッキー【cookie】

ウェブブラウザーに保存された情報をウェブサーバーとの間でやり取りする仕組み、または保存された情報。利用者の識別、過去に訪問したウェブサイトの履歴の参照に用いられる。主な用途として、オンラインショッピングインターネットバンキングを繰り返し利用する際に、クッキーをもとに利用者を特定してログイン情報の入力の手間を省くことなどが挙げられる。◇「HTTP cookie(エイチティーティーピークッキー)」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

クッキー【cookie】

洋菓子の一。小麦粉に砂糖・バター・香料などを入れてねり、天火で焼いたもの。

クッキー【Cookie】

インターネットの WWW サーバーが利用者を管理・識別するための文字列情報、または管理する仕組み。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッキー
cookies

小麦粉を主原料とした焼き菓子。イギリスではビスケットの一種として取扱われている。普通のビスケットに比べてバターなどの脂肪分を多く使っているのが特徴で,アメリカではクッキーという言葉が一般化されている。一説にはビスケットは機械製,クッキーは手作りという分け方がある。バター,ショートニング,サラダ油などの脂肪に小麦粉,鶏卵,砂糖,牛乳,食塩,重曹,場合によってはナッツ,チョコレートなども加えて,種をつくり,型抜きしたり,しぼったりして種々の型をつくりオーブンで焼く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クッキー
くっきー
cookie

ビスケットの一種で、クッキーはアメリカ式の呼び名。一般にビスケットより脂肪分を多く配合し、さくさくとした手作り風に仕上げたものが多い。アメリカへ渡ったオランダ人によってつくられたものが広まったもので、オランダ語の菓子を示すkoekと、小さいことを示すjeからなる合成語koekie(koekjeの異形)から名づけられた。チョコレート、ナッツ、レーズンなど、各種の副材料を配合し、形もさまざまである。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクッキーの言及

【ビスケット】より

…副材料としては,砂糖,はちみつなどの糖類,バター,ショートニングなどの油脂,卵,乳製品,食塩,膨張剤(おもにベーキングパウダー),香料などのほか,チョコレート,ココア,乾燥果物,ナッツ類,ジャムなどを使うこともある。イギリスでビスケットと呼ばれるものの大部分が,アメリカではクッキーcookie,フランスではサブレsabléと呼ばれる。日本ではビスケット,クッキー,サブレなどの語が用いられているが,これらの間に明確な区別があるわけではなく,副材料の卵や乳製品の量が多く,より手作り的なものをクッキー,サブレと呼ぶことが多い。…

※「クッキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クッキーの関連キーワードクッキーに細かく砕いたアーモンドを練りこんで、カリッと香ばしく焼き上げました。クッキーにミルクチョコレートを絞って“こんがり”おいしく焼き上げました。アルトマン(Robert Altman)ワイルダー(Billy Wilder)ミスターイトウ バタークッキークロスサイトスクリプティングしっとりソフトクッキーいちごミスターイトウ チョコチップGoogle Chrome生チョコinケーキクッキースコッチビーフソーセージココナッツクッキーサンドアプリケーションスイッチミルキークランチクッキーファンシーチョコレートセッションCookieオートミールクッキー恋人よ帰れ!わが胸にガーナチョコクッキーチョコバナナクッキー

クッキーの関連情報