コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クドキ クドキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クドキ

日本音楽の用語。「口説」「くどき」とも書く。楽曲の構成単位の様式的特色を示す名称でもあり,歌謡,民謡の種目名または曲名としても用いられる。本来,同じような旋律の繰返しによる朗誦,あるいは同じ音数律を繰返す長編の物語的な叙唱についていったものと思われるが,現在では種目により少しずつ異なる用いられ方をしている。 (1) 平曲では,あまり旋律的でない説明的な朗誦形式の曲節名称となっていて,「ゲ」を経て「三重」などの旋律的な歌唱部分に続く。 (2) 能では,非拍節リズムの「サシ」に近い歌い方で,低音域であり,音数律は定まっていない叙唱部分の名称で,詠嘆的な表現内容の小段をいう。 (3) 浄瑠璃では,慕情,傷心などの表現内容の旋律的な歌唱部分の曲節名称。 (4) 義太夫節では他種目の曲節を取入れた「サワリ」の形式でもあることから,俗にサワリともいう。 (5) 歌舞伎舞踊音楽では,その見せどころの中心となる「中端」の部分で,「仕抜・口説・踊り地」という構成の中心となる段落をいい,原則として打楽器の囃子は入らない。 (6) 江戸時代の歌謡および民謡においては,物語形式の長編の叙事的な歌謡で,定数律の繰返しであることが多いものをいい,場合によっては音頭形式に発展するものもある。そのほか木遣歌 (くどき木遣) ,盆踊歌 (踊口説,踊音頭) ,瞽女歌 (越後くどきなど) ,あるいはそれらの影響による民謡 (八木節,琉球の上り口説など) にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クドキの関連キーワード京人形(歌舞伎舞踊劇)富本 都路(3代目)神田祭(歌舞伎舞踊)近江のお兼鬼次拍子舞新保広大寺紀州道成寺三勝/半七二上り新内身替りお俊蜘蛛拍子舞艶容女舞衣延喜聖代シラコエ娘道成寺羽根の禿雨の五郎執着獅子サシコエ蚤取男

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クドキの関連情報