クラスアクション

情報セキュリティ用語辞典「クラスアクション」の解説

クラスアクション

アメリカでの民事訴訟一種集団訴訟に関する手続き。日本にはない訴訟形態。個々の利益帰属主体が個々に訴訟手続きをしなくても、その代表による訴訟を提起し、消費者の権利を一括して行使する権限が認められている。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「クラスアクション」の解説

クラス‐アクション(class action)

ある行為事件から多数の者が同じような被害を受けたとき、一部被害者全体を代表して訴訟を起こすことを認める制度米国で採用されている。集団訴訟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android