コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッシャー crusher

翻訳|crusher

百科事典マイペディアの解説

クラッシャー

石塊,鉱石など固体原料を破砕する機械。二つの鋼片やロールに原料をはさみ圧縮力または衝撃力を加えて砕く。種類が多いが,硬原料の粗砕にはジョークラッシャーなど,細砕にはロールクラッシャーなど,軟原料にはハンマーミルなどが使われる。
→関連項目砕石

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

クラッシャー【crusher】

岩石・鉱石などかたい物を適当な大きさに砕く機械。粉砕機。砕石機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラッシャー
くらっしゃー
crusher

固体粒子を細かく粉砕する機械の総称。粉砕機の一種。固体原料に外力を加えて細かくするとき、砕かれたものの粒度が比較的大きい場合(最大粒子が1ミリメートル以上)を破砕といい、比較的細かい場合を粉砕といって区別する。しかし、その境界ははっきりしないし、細かく粉砕する前段階として破砕が行われる場合も多い。また、以上二つの場合を含めて粉砕というときもある。
 原料の堅さによって、硬原料用と軟原料用に分類される。硬原料用としては、下方のすぼまったV字形破砕部をもつジョークラッシャーがある。V字形破砕部は小さい振幅で接近・離反を繰り返し、圧縮力で原料を粉砕する。互いに逆方向に回転する1対の円筒形ロールの間で原料を圧砕するロールクラッシャーは、硬軟両原料用に使用される。石炭のように比較的破砕されやすい原料には、多くの軟原料用クラッシャーが使用されている。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクラッシャーの言及

【粉砕機】より

…粉粒体を粉砕するための機械装置。比較的粗い粉砕,すなわち破砕に使われる粉砕機を破砕機またはクラッシャーcrusherと呼ぶことがある。また比較的細かな粉砕に使われる粉砕機を俗にミルmillと呼ぶ場合がある。…

※「クラッシャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラッシャーの関連キーワードクリストファー ウォーケンブラウザクラッシャーウルトラマンアグルダイナイエローオカダアイヨンオーグリーンドラクーンミネルバコルドバ平岩久資ブラクラ林業機械チル鋳物寺島愛石切場砕石機咀砕機砂利選鉱

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラッシャーの関連情報