コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッシュ症候群 クラッシュショウコウグン

3件 の用語解説(クラッシュ症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラッシュ‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【クラッシュ症候群】

交通事故や地震などの災害時に、建物の倒壊などで四肢の筋肉に長時間圧迫が加えられ、その圧迫から解放されたあとに起こる全身障害。壊死した細胞から大量の細胞内成分が漏出、高カリウム血症による褐色の尿、急性腎不全心不全などの症状を起こす。輸液療法血液透析などを行う。挫滅症候群クラッシュシンドローム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラッシュ症候群
くらっしゅしょうこうぐん
crush syndrome

四肢の筋肉が持続的に長時間圧迫を受け(クラッシュ外傷)、圧迫解除後に起こる全身障害。四肢の局所の持続的圧迫による損傷で腎機能障害を伴う病態をクラッシュ外傷(圧挫(あつざ)損傷)として最初に報告したバイウォーターズEric Bywaters(1919―2003)にちなんでバイウォーターズ症候群ともいう。ほかに、圧迫症候群、圧挫症候群、挫滅症候群、挫傷症候群などともよばれる。日本では1995年(平成7)の阪神・淡路大震災の際に、倒壊した家屋の下敷きになったり、がれきに挟まれたりして傷病を負った人に多発したことで認知された。また、2005年(平成17)のJR福知山線脱線事故による負傷者についてもこの症状が問題となった。助け出され圧迫が解かれた際に、筋組織(骨格筋)が破壊され血中に大量のミオグロビンなどが放出されて横紋筋融解症を呈し、さらに急性腎(じん)不全を合併したり、高カリウム血症や脱水による循環不全などをきたしたりして死に至ることもある。ほかの原因としては、昏睡(こんすい)状態の持続や手術、ギプス固定のほか、ショックパンツ(下半身に装着して空気を送り込み、体幹に血液を集めて血圧を保持する器具)などの使用で特定の肢位を強いられること、同じ局所に持続して機械的刺激を受けることなどがあげられる。こうした場合、局所の発赤や腫脹(しゅちょう)および硬結、循環障害から筋肉や神経が侵され壊死(えし)に至る筋区画症候群(コンパートメント症候群)などを伴う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラッシュ症候群の関連情報