コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマー クラマー Cramer, Dettmar

3件 の用語解説(クラマーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラマー
クラマー
Cramer, Dettmar

[生]1925.4. デュースブルク
ドイツサッカーコーチ。 1960年 10月,オリンピック東京大会のサッカー選手強化のため来日。以後もたびたび来日して日本サッカー界を指導し,オリンピックの 1964年東京大会ベスト8,1968年メキシコ大会銅メダルに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クラマー
クラマー
Klammer, Franz

[生]1953.12.3. モースワルト
オーストリアアルペンスキー選手。滑降スペシャリストとしてワールドカップで 25勝し,1976年のインスブルック・オリンピック冬季競技大会金メダルを獲得した。1975年のワールドカップ滑降で全 9戦中 8勝したため,翌 1976年のインスブルック・オリンピックでも優勝候補と目されていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラマー
くらまー
Dettmar Cramer
(1925― )

サッカー選手、監督、国際サッカー連盟FIFA(フィファ))巡回コーチ。ドイツ生まれ。第二次世界大戦ではイタリア戦線に従軍した。戦後、ボルシア・ドルトムントの選手となるが、膝(ひざ)を傷めて1951年に引退した。ドイツ西部地域協会の主任コーチとなる。1960年(昭和35)、オリンピック・東京大会での活躍を目ざす日本代表チームのコーチとして来日、手腕を振るった。日本を離れた後はFIFAの技術委員となり巡回コーチとして90を超える国を訪れた。ブンデスリーガでの監督経験もあり、バイエルン・ミュンヘンを率いてヨーロッパ・チャンピオンズ・カップで二度(1974~1975年、1975~1976年シーズン)の優勝を飾った。
 日本とのかかわりは、当時の日本蹴球(しゅうきゅう)協会会長の野津謙(1899―1983)が西ドイツサッカー協会にコーチの派遣を依頼したことに始まる。1960年8月、日本代表がドイツ合宿を行ったときから指導を開始、以降1968年までの約8年間、日本代表強化に力を注いだ。クラマーが徹底したのは基本のたいせつさと正確さであった。日本代表の技術のなさを見抜き、高度な戦術を授けてくれると期待する関係者の思いをよそに、徹底して基本を教え込んだ。その教えは日本代表をオリンピック・東京大会でベスト8に導き、続くメキシコ大会では銅メダルを獲得するという形で結実した。技術面だけではなく、自らの人間性でも日本人を魅了し、当時、「どん底」とよばれていた日本サッカー界を精神的にも鍛え直した。同時に「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である」「サッカーは少年を大人にし、大人を紳士に育てるスポーツである」ということばに代表されるように数々の名言を残した。また、国際試合の経験を増やすこと、各年代に専属コーチをつけること、コーチ育成システムを確立すること、リーグ戦を実施すること、芝生のグラウンドをつくることなど、数々の提言を行った。日本サッカーに大きな転機をもたらしたクラマーは、「日本サッカーの父」とよばれた。1971年9月に、日本政府から長年の功績をたたえられ勲三等瑞宝(ずいほう)章が与えられた。また2005年には、永年にわたり日本サッカーの発展に尽力した功労者をたたえる「日本サッカー殿堂」の第1回受賞者に選ばれた。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラマーの関連キーワード首が据わる胆が据わる胴が据わる腹が据わるモーストエルスワース湖イースIエースワンブルースワロー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラマーの関連情報