コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラルテ クラルテ 〈フランス〉Clarté

3件 の用語解説(クラルテの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラルテ(〈フランス〉Clarté)

《光明の意》バルビュス長編小説。1919年刊。平凡な勤め人が戦争体験によって社会の不条理階級意識に目覚め、光明は万人のためのものと知る過程を描く。社会主義的な国際平和運動「クラルテ運動」のもととなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クラルテ【Clarté】

〔「光明」の意〕
第一次大戦直後、フランスの作家バルビュスが発表した小説「クラルテ」がきっかけとなって始められた国際的反戦平和運動。週刊誌「クラルテ」を拠点とし、各国の文学者・科学者が参加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラルテ
くらるて
Clart

フランスの作家バルビュスの長編小説。1919年刊。第一次世界大戦の従軍体験を描いた『砲火』(1916)の続編。まじめで平凡な勤め人の主人公が、戦場に駆り出されて瀕死(ひんし)の重傷を負い、戦争の不条理に目を開き、階級意識に目覚める。そして、人民を戦争に駆り立てる愛国心の欺瞞(ぎまん)、人民の生活と生命を犠牲にして省みない為政者の虚偽、為政者におもねる宗教界の偽善に激しい怒りを覚え、世界のプロレタリアートは一致団結して搾取階級を打倒し、民衆による自由平等の世界国家を樹立すべきで、この実現こそ人類永遠の真理、クラルテ(光)であると説く。[稲田三吉]
『田辺貞之助訳『クラルテ』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラルテの言及

【小牧近江】より

…1910年16歳で渡仏し苦学してパリ法科大学卒業。当時フランスではH.バルビュスを中心として,平和主義を唱えた社会主義文化運動であるクラルテ運動が広がっていたが小牧はこれに参加し,帰国後の21年に《種蒔く人》を創刊,反戦思想を唱えコミンテルンの紹介をした。アナ・ボル論争の最中にも小牧は両陣営との接触を保って運動の統一を守ろうとし,社会運動と芸術運動の新しい結びつきをつくった同誌からは,プロレタリア文学の新しい作家群が輩出した。…

【プロレタリア文学】より

…ドイツでは19年に〈プロレタリア文化同盟〉が結成され,E.トラー,B.ブレヒト,J.R.ベッヒャー,A.ゼーガースらがプロレタリア作家として活躍した。フランスでも同19年にバルビュスによって反戦と国際主義の立場に立つ〈クラルテClarté〉グループがつくられ,またL.アラゴンのようにシュルレアリスムからプロレタリア文学陣営に加わる詩人も出た。アメリカでは,ロシア革命のすぐれたルポルタージュを書いたジョン・リードを中心に〈ジョン・リード・グループ〉が結成され,ゴールドMichael Gold(1894‐1967),J.ドス・パソスらが参加した。…

※「クラルテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラルテの関連キーワード短編小説バルビュス預言バルテュスリメイク中編小説長編小説ビュスチェアルザスの宿眠れる美女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラルテの関連情報