クラーグ(兄弟)(読み)くらーぐ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラーグ(兄弟)
くらーぐ

兄トーマスThomas P. Krag(1867―1913)、弟ウィルヘルムVilhelm(1871―1933) 兄は散文、弟は韻文で19世紀末に活躍したノルウェーの文学者。ノルウェー南部、クリスティアンサンの出身。兄弟ともに南部の自然と、民衆の伝統的生活を題材にしたが、兄は弟と違って、荒涼とした自然の神秘、そのなかに生活する人間の奥に潜む心理をメランコリックなタッチで描写した。同時代の詩人、オプストフェルダーと同傾向にある作家。代表作に『ヨン・グレフ』(1891)、短編集『孤独な人々』(1893)などがある。
 弟は20歳で詩『ファンダンゴ』でセンセーショナルなデビューを飾り、新浪漫(ろうまん)主義の到来を意識させた。この作品はスペイン舞踊というエキゾチックな気分のなかに、時代の不安、エロティシズム、ペシミズムを混在させ、リアリズムと決別した新しい方向性を示した。代表的詩集に『詩』(1891)、『夜』(1892)、『西ノルウェー歌謡』(1918)などがある。[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android