コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリアカン Culiacán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリアカン
Culiacán

正式名称はクリアカンロサレス Culiacán Rosales。メキシコ西部,シナロア州州都グアダラハラの北西約 650km,西マドレ山脈西麓の海岸平野にあり,クリアカン川にのぞむ。 1531年建設の古い町で,植民地時代初期にはスペイン遠征隊の基地として重要な役割を果した。現在は灌漑農業地帯の商工業中心地で,トウモロコシ,サトウキビ,タバコ,果実,野菜などを集散,加工する。シナロア自治大学 (1941) 所在地。アメリカ合衆国との国境の町ノガレスからメキシコ市へ通じる幹線道路,鉄道が通る。人口 60万 2114 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クリアカン

メキシコ北西部,シナロア州の州都。クリアカン川に臨み,サナロア・ダムの建設によって灌漑(かんがい)が行われ,近代的農業地帯の中心都市として発展。16世紀末にイエズス会の布教地として建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリアカン【Culiacán】

メキシコの太平洋岸北部,シナロア州の州都。人口41万5046(1990)。クリアカン川流域の野菜(トマト生産は全国1位),サトウキビ(全国2位),綿花栽培,牧畜を中心とした肥沃な農業地域の中核都市。1531年にヌーニョ・デ・グスマンが建設。16世紀末にイエズス会が布教を開始し,北部征服の基地となった。サナロア・ダム(市の西部)建設など灌漑施設の整備とともに近代的農業地域の中心として発展。【栗原 尚子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリアカン
くりあかん
Culiacn

メキシコ西部の都市。シナロア州の州都。クリアカン川下流沿岸の標高52メートルに位置し、暑熱の地として知られる。人口54万0823(2000)。周辺はウマヤ、サナロア両ダムの完成により灌漑(かんがい)水路の開けた農村地帯で、クリアカンはその商業中心地として発達。南方225キロメートルに漁港マサトランがある。西方のカリフォルニア湾沿岸は低湿地で潟湖(せきこ)が多く、開発が遅れている。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリアカンの関連キーワードリモン(José Limón)ロスモチスグアサベリモン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリアカンの関連情報