コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリアカン クリアカン Culiacán

4件 の用語解説(クリアカンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリアカン
クリアカン
Culiacán

正式名称はクリアカンロサレス Culiacán Rosales。メキシコ西部,シナロア州の州都。グアダラハラの北西約 650km,西マドレ山脈西麓の海岸平野にあり,クリアカン川にのぞむ。 1531年建設の古い町で,植民地時代初期にはスペイン遠征隊の基地として重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クリアカン

メキシコ北西部,シナロア州の州都。クリアカン川に臨み,サナロア・ダムの建設によって灌漑(かんがい)が行われ,近代的農業地帯の中心都市として発展。16世紀末にイエズス会の布教地として建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クリアカン【Culiacán】

メキシコの太平洋岸北部,シナロア州の州都。人口41万5046(1990)。クリアカン川流域の野菜(トマト生産は全国1位),サトウキビ(全国2位),綿花栽培,牧畜を中心とした肥沃な農業地域の中核都市。1531年にヌーニョ・デ・グスマンが建設。16世紀末にイエズス会が布教を開始し,北部征服の基地となった。サナロア・ダム(市の西部)建設など灌漑施設の整備とともに近代的農業地域の中心として発展。【栗原 尚子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリアカン
くりあかん
Culiacn

メキシコ西部の都市。シナロア州の州都。クリアカン川下流沿岸の標高52メートルに位置し、暑熱の地として知られる。人口54万0823(2000)。周辺はウマヤ、サナロア両ダムの完成により灌漑(かんがい)水路の開けた農村地帯で、クリアカンはその商業中心地として発達。南方225キロメートルに漁港マサトランがある。西方のカリフォルニア湾沿岸は低湿地で潟湖(せきこ)が多く、開発が遅れている。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリアカンの関連キーワードチルパンシンゴマサトランメキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコのダンス世界の3大漁場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリアカンの関連情報