クルイレンコ(英語表記)Nikolai Vasil’evich Krylenko

世界大百科事典 第2版の解説

クルイレンコ【Nikolai Vasil’evich Krylenko】

1885‐1938
ソ連邦の政府と党の活動家。ペテルブルグ大学卒。1904年,ロシア社会民主労働党入党。国内での組織活動と逮捕,亡命をくり返し,二月革命後は軍隊での組織活動を行う。ソビエト政府成立時の軍事人民委員の一人で,17年11月には軍最高総司令官。18年3月より法務関係の活動に移り,ソ連における裁判所と検事局の組織者の一人となり,ソ連法体制に関する多数の著作を著す一方,登山やチェス競技の発展にも力を尽くした。38年,逮捕され獄死

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルイレンコ
くるいれんこ
Николай Васильевич Крыленко Nikolay Vasil'evich Krlenko
(1885―1938)

ソ連の軍人、政治家。ロシアのスモレンスク県の政治流刑囚の子として生まれ、ペテルブルグ大学の歴史・文学部とハリコフ大学の法学部を卒業。1905年の革命時には学生運動の指導者として活躍し、何度か逮捕された。17年の二月革命後、軍隊の間にボリシェビズムの宣伝をする。十月革命後ドゥホーニン将軍にかわって最高総司令官に任命され、ドイツとの休戦交渉にあたった。18~31年、検察官として主要な反革命裁判を担当。31年ロシア共和国司法人民委員代理、36年ソ連邦司法人民委員となる。スターリンによる粛清の過程で消息を絶ち、死後、名誉回復された。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android