コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルディスターン

百科事典マイペディアの解説

クルディスターン

トルコ,イラン,イラクの国境にまたがる高原山岳地帯。〈クルドの地〉という意味からこの名称がある。1923年のローザンヌ条約に基づき,現在のように分割された。約20万km2
→関連項目キルクーククルド語ティグリス[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クルディスターン【Kurdistān】

クルド族の居住地の意。トルコ,イラク,イランの3国にまたがっている。トルコでは南東部のトロス(タウロス)山脈の南からシリア,イラクの国境にかけての地域がクルド族の居住地である。このうちワン湖より西のボフターン地方はトルコ文化への同化が著しく,そのザザ方言はトルコ語の影響が強い。生活形態も遊牧でなく,ほとんど定住生活である。イラクでは北東部,ティグリス川の二つの支流である大・小ザーブ川上流の山岳地帯がクルド族の居住地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルディスターン
くるでぃすたーん
Kurudistn

イラン、イラク、トルコ、シリア、ジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン国境の山岳地帯を中心とするクルド人の居住地域。クルディスターンとはペルシア語でクルドの土地を意味する。クルドの人口は500万~2500万と推定される。クルド以外にも、アッシリアンとよばれるネストリウス派キリスト教徒やトルクメンなども居住する。1920年、第一次世界大戦の連合国とトルコとの間に締結されたセーブル条約で、クルドの独立が約束された。しかしトルコとシリアでは、クルドは独自の民族としての地位を認められていない。イランには行政単位としてクルディスターン州があり、イラクにもクルディスターン自治区が存在する。しかし多くのクルドは、それに満足せず、イランとイラクでより大幅な自治を求めて武装闘争を行っている。住民の大半は農業や牧畜業に従事している。イラクのクルド居住地域内のキルクークには大油田がある。[高橋和夫]

歴史

セルジューク朝時代に、アゼルバイジャンとルリスタンの間の、ハマダン、ケルマーンシャーを中心とする地方についていわれたのが最初である。ティームール朝時代(1370~1500)には、現在のイランのウルミエから、トルコのマラティヤ、上メソポタミアまでがその範囲とされた。オスマン朝とサファビー朝の領土争奪の舞台となったのをはじめ、現在の諸国の国境画定に伴って分断され、今日に至るまで統一国家は成立していない。独立を求めて多くの反乱が起こされたが、いずれも弾圧され、イランで第二次世界大戦直後(1945)に成立したクルディスターン人民共和国も11か月で崩壊した。湾岸戦争(1990~1991)時のイラク領内からの難民問題、トルコにおける紛争など問題は絶えない。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クルディスターンの関連キーワードバルザーニー(Mulla Mustafa Barzani)バルザーニー(Masoud Barzani)ロバート・J. ブレイドウッドクルディスターン労働者党クルディスターン地方バフマン ゴバディスライマーニーヤ県ユーフラテス[川]シャラフ・ハーンカリム・シャヒルルリスタン青銅器ティグリス[川]イルビール県クルド人問題トロス山脈ジャルモ期イルビールザンギー朝ギャロッドガブリ手

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android