コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルド人 くるどじん

知恵蔵の解説

クルド人

クルド」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クルド人

推計人口約3千万人で、独自の言語と文化を持つ。第1次世界大戦後、英仏露の交渉で居住地域の真ん中に国境線を引かれ、トルコ南東部、イラン北西部、イラク北部、シリア北東部などに分断された。以来、各国少数民族として迫害されたり、同化を強いられたりする苦難の歴史を歩んできた。そのため、民族自決の権利を訴え、各国で自治要求・独立運動を展開している。

(2017-09-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

クルドじん【クルド人】

クルディスタン地方に居住する農耕遊牧民。イスラム教徒が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルド人
クルドじん
Kurd

西アジアのクルディスターン地方に住む半農半牧のイラン語系の1民族。大部分はスンニー派イスラム教徒クルド人の総人口は約 1500万人以上とされているが正確な数字はない。主としてトルコ,イラン,イラクに居住する。 1919年のパリ講和会議,20年のセーブル条約でクルド人の独立が問題 (→クルド人問題 ) となったが,23年のローザンヌ条約では無視された。遊牧民の集団には,首長のもとに伝統的な父系の階層組織が残されている一方,定住したクルドではこのような組織は解体され,あるいはそれが残されている場合でも,首長の権威は弱まっている。教育や通信網の発達と,石油産業の進展により社会組織は大きく変革しているが,現在も強固な民族意識を維持し,独立運動が続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クルド人の関連キーワードクルディスターン労働者党クルド労働者党(PKK)クルディスタン住民投票飛行禁止空域[イラク]アルカイダ・クルド大隊シェイヒ・サイトの乱イラクの民族・宗派スライマーニーヤ県帰属問題と住民投票ケルマーンシャートルコ・ヒズボライサクパシャ宮殿ハラブジャの悲劇クルド地域政府セゼン アクスクルド労働者党オルーミーイェサナンダージュドウバヤズットクルディスタン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルド人の関連情報