クルド人(読み)クルドじん(英語表記)Kurd

翻訳|Kurd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルド人
クルドじん
Kurd

西アジアのクルディスターン地方に住む半農半牧のイラン語系の1民族。大部分はスンニー派イスラム教徒クルド人の総人口は約 1500万人以上とされているが正確な数字はない。主としてトルコ,イラン,イラクに居住する。 1919年のパリ講和会議,20年のセーブル条約でクルド人の独立が問題 (→クルド人問題 ) となったが,23年のローザンヌ条約では無視された。遊牧民の集団には,首長のもとに伝統的な父系の階層組織が残されている一方,定住したクルドではこのような組織は解体され,あるいはそれが残されている場合でも,首長の権威は弱まっている。教育や通信網の発達と,石油産業の進展により社会組織は大きく変革しているが,現在も強固な民族意識を維持し,独立運動が続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

クルド人

クルド」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クルド人

独自の言語と文化を持ち、多くがイスラム教スンニ派。第1次大戦後、居住地域に国境線を引かれ、イラク、トルコ、イラン、シリアアルメニアに分断された。全人口は推定3千万人。うち約600万人いるイラクでは多くが北部に住む。かつては山岳地帯で牧畜、丘陵地帯や平野部では農業で生計を立てていた。ゆったりとした服に腰帯を締める民族衣装を着る人は今も多い。日本では埼玉県蕨市などにクルド人のコミュニティーがある。

(2018-09-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

クルドじん【クルド人】

クルディスタン地方に居住する農耕遊牧民。イスラム教徒が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルド人の関連情報