コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレレ

3件 の用語解説(クレレの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クレレ

ドイツの技術者。ドイツ最初の鉄道を計画・実現,各種道路を設計。数学を愛好し,アーベルシュタイナーらを援助,1826年《純粋・応用数学雑誌》(クレレ誌といわれる)を創刊,数学の発展に尽くした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クレレ【August Leopold Crelle】

1780‐1855
ドイツの土木技師,数学者。土木技師としての実業教育を受け,プロイセン内務省に就職,1816‐26年にプロイセン内の多くの道路を建設,また38年,ドイツ最初の鉄道(ベルリンポツダム間)敷設にも従事した。大学教育は受けなかったものの青年時代から数学を研究,36歳でハイデルベルク大学から学位を得た。1828年,内務省から文部省に移籍し,フランスを手本としながらプロイセンの数学教育の充実に力を尽くした。かたわら,A.M.ルジャンドル,J.L.ラグランジュの基礎的数学文献をドイツ語訳し,数学の普及に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレレ
くれれ
August Leopold Crelle
(1780―1855)

ドイツの政治家。技術系の出身で、ドイツ最初の鉄道(ベルリン―ポツダム間)の建設に従事、1824年以降は精密科学の向上に意を用いた。1828年にはプロイセンの閣僚として活動するようになった。また専門の数学者ではないが、若干の数学の論文をまとめたほか、1826年に数学の公表誌として『純粋および応用数学の雑誌』を発刊、その創刊号には、アーベルの論文数編のほか、ヤコービ、シュタイナーの論文を発表し、第3号ではディリクレメビウスプリュッカーの論文を載せるなどして、基礎科学としての数学の発展と普及に尽くした。[小堀 憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレレの関連キーワード西ドイツ統一ドイツドイツの小さな町アンサンク岡崎芳樹奥田助七郎ドールン中原貞三郎藤井真透森垣亀一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレレの関連情報