コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレレ

百科事典マイペディアの解説

クレレ

ドイツの技術者ドイツ最初の鉄道を計画・実現,各種道路を設計。数学を愛好し,アーベル,シュタイナーらを援助,1826年《純粋・応用数学雑誌》(クレレ誌といわれる)を創刊,数学の発展に尽くした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレレ【August Leopold Crelle】

1780‐1855
ドイツの土木技師,数学者。土木技師としての実業教育を受け,プロイセン内務省に就職,1816‐26年にプロイセン内の多くの道路を建設,また38年,ドイツ最初の鉄道(ベルリン~ポツダム間)敷設にも従事した。大学教育は受けなかったものの青年時代から数学を研究,36歳でハイデルベルク大学から学位を得た。1828年,内務省から文部省に移籍し,フランスを手本としながらプロイセンの数学教育の充実に力を尽くした。かたわら,A.M.ルジャンドル,J.L.ラグランジュの基礎的数学文献をドイツ語訳し,数学の普及に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレレ
くれれ
August Leopold Crelle
(1780―1855)

ドイツの政治家。技術系の出身で、ドイツ最初の鉄道(ベルリン―ポツダム間)の建設に従事、1824年以降は精密科学の向上に意を用いた。1828年にはプロイセンの閣僚として活動するようになった。また専門の数学者ではないが、若干の数学の論文をまとめたほか、1826年に数学の公表誌として『純粋および応用数学の雑誌』を発刊、その創刊号には、アーベルの論文数編のほか、ヤコービ、シュタイナーの論文を発表し、第3号ではディリクレ、メビウス、プリュッカーの論文を載せるなどして、基礎科学としての数学の発展と普及に尽くした。[小堀 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クレレの関連キーワードアーベル(Niels Henrik Abel)グリーン(George Green)アニュアルウクレレフェスティバルハワイアン[Hawaiian]ウクレレ[ukulele]ハワイアン・ミュージックジェイク シマブクロhula dance岡田理江(業務提携)ワイアシュトラースアイゼンシュタイントラピスト修道会ペリー ボトキンなかしまみゆきカモシダせぶんハワイアン音楽バリエーションこんどうえみこウクレレえいじクロンチョン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレレの関連情報