クレープデシン

百科事典マイペディア「クレープデシン」の解説

クレープデシン

織物の一種。略してデシンとも。中国のクレープの意であるが,日本ではフランス縮緬(ちりめん)とも呼ばれた。ふつう緯(よこ)糸に強撚糸(きょうねんし)を用いて織り,細かいしぼを出す。薄地で軽く柔軟なので無地,プリント染にしてフォーマルなワンピースやブラウススカーフ裏地などにする。化繊,合繊でも作られる。
→関連項目クレープ(織物)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「クレープデシン」の解説

クレープ‐デ‐シン

〘名〙 (crêpe de Chine 「シナのクレープ」の意) 経(たていと)生糸、緯(よこいと)に縒(よ)りの強い生糸二本を交互に用いた平織物。婦人服地、裏地に使用。フランス縮緬(ちりめん)。デシン。
※友田と松永の話(1926)〈谷崎潤一郎〉三「燃えたつやうなクレープ・ド・シーンのの服を纏ったキャザリンを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クレープデシン」の解説

クレープ‐デ‐シン(〈フランス〉crêpe de Chine)

《中国のクレープの意》細い生糸で平織りにした広幅の薄地縮緬ちりめん。中国産の縮緬をまねて、フランスで織り出したもの。婦人服地用。デシン。フランス縮緬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「クレープデシン」の解説

クレープデシン【crêpe de Chine[フランス]】

クレープの一種で,デシンともいう。18世紀初めフランスで,中国の織物を模して作られた。クレープ・ド・シーヌ(中国のちりめん)の日本での呼称で,フランスちりめんとも呼ばれた。たて糸に生糸,よこ糸に左撚り右撚りの強撚糸を2本交互に使った細かな〈しぼ〉のある平織で,手触りが柔らかく,上品な光沢があり,色にも深みがある。絹のものはフォーマルなブラウスやワンピース,スカーフなどに用いられる。化学繊維でも作られ,滑りのよさからスーツやコートの裏地,下着などに,また実用的なブラウス,スカーフなどにも幅広く活用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクレープデシンの言及

【クレープ】より

…クレープにはいろいろ種類が多い。クレープデシン(デシンと俗称)はその代表的なもので,フランスから輸入されたのでフランスちりめんともいう。絹のほか,ナイロン,銅アンモニアレーヨン(商品名ベンベルグ)などを用いている。…

※「クレープデシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android