コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロイソス Kroisos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロイソス
Kroisos

[生]?
[没]前546頃
小アジアのリュディア王国最後の王 (在位前 560頃~546頃) 。メルムナダエ王朝に属し,父アリュアテスの跡を継いで即位。エフェリスなどのイオニア系植民都市を征服し,エーゲ海の都市とは同盟関係を保って交易を行い,巨富を築いた。しかし当時興隆しつつあったアケメネス朝ペルシアの王キュロス2世の西進を受け,新バビロニア,エジプト,スパルタなどと手を組んで対抗し,一時はカッパドキアに進出したが,プテリアの戦いで敗走,前 546年頃キュロスに捕えられ,首都のサルディスも滅ぼされた。ギリシアの歴史家たち (ヘロドトスクテシアスら) が彼についてのエピソードを書き残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クロイソス

リュディア王国最後の王(在位前560年ころ―前546年ころ)。小アジア沿岸部に領土を拡大,王国の全盛時代を現出し,古代史上例のない富者とうたわれた。ペルシア王キュロス2世に挑戦するも敗北,のちの運命はヘロドトス《歴史》第1巻に詳しい。
→関連項目エフェソス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロイソス【Kroisos】

前595ころ‐前546ころ
リュディア王国最後の王。およそ前560年から546年ころにかけて在位。小アジア海岸の諸市を征服。その富は世のことわざになるほど大きなものであった。彼はギリシアの神々,とくにデルフォイのアポロンに多くの供え物をささげた。彼の義兄弟のメディア王アステュアゲスを王位から追ったペルシア王キュロス2世を討つべく神託をうかがい,それにまどわされてペルシア遠征におもむいたが,敗れて捕らわれの身になった。そののちの彼の運命は伝説のテーマになり,ヘロドトスの《歴史》(第1巻)に詳しく物語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロイソス
くろいそす
Kroisos

生没年不詳。アナトリア西部のリディア王国メムルナダイ朝最後の王(在位前560ころ~前546/540)。イオニアのギリシア都市を支配下に置くなど、治世の初期には勢力を振るった。また、砂金の生産と交易による莫大(ばくだい)な富はギリシア人の間で伝説化された。デルフォイの聖所に宝物の奉納を行い、エフェソスのアルテミス神殿の再建に貢献したほか、スパルタと同盟した。しかし、ヘロドトスが伝える哲学者ソロンとの交友関係が史実かどうかは疑わしい。アケメネス朝ペルシア王キロス2世の西征に際し、カルデア王ナボニドスやエジプト、スパルタと共同で抵抗しようとしたが失敗し、首都サルディスは陥落した。王自身は焼身自殺したとも、捕らえられたとも伝えられる。[小川英雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクロイソスの言及

【リュディア王国】より

…その後,アルデュスArdys,サデュアッテスSadyattēsの治世を経て,アリュアッテスAlyattēsの時代に,ギリシア植民市を従属下に置き,最も隆盛な時期を迎えた。次王クロイソス(在位,前560ころ‐前546ころ)は,交易に力を入れ,王国はさらに富強となったが,新興のペルシア王キュロス2世との戦いに敗れ,王都サルディスは陥落した。王国領はペルシアの属州となり,アレクサンドロス大王の征服ののちセレウコス朝シリア,ペルガモン王国の支配を経て,前2世紀にはローマ領となった。…

※「クロイソス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロイソスの関連キーワード歴史[ヘロドトス]キュロス[2世]ハリカルナッソスペルシア戦争エイルディルペルシア帝国クーロスイソップタレス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android