コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クログワイ Eleocharis kuroguwai Ohwi

2件 の用語解説(クログワイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クログワイ【Eleocharis kuroguwai Ohwi】

沼沢地に生えるカヤツリグサ科多年草で,オモダカ科の料理用のクワイとは科を別にする植物である(イラスト)。水底の泥土中に長くはった根茎があり,その先端に直径6~10mmくらいの扁卵形の塊茎を作る。茎は根茎から出て,直立し,高さは80~100cm,幅3mmくらいの円筒形で,濃い緑色をしている。中は中空で,多数の横隔膜に仕切られ,指でおすとプチプチという音を立ててつぶれる。7~9月に出る小穂は円柱形で,長さ4cmくらい,茎の先端に1個つき,葉状苞はなく,淡褐色の鱗片が多数ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クログワイ
くろぐわい / 黒慈姑
[学]Eleocharis kuroguwai Ohwi

カヤツリグサ科の多年草。茎は細い円柱状で高さ0.5~1メートル、葉は鞘(さや)状になって茎の下部を包み、葉身状の部分はない。秋に花茎を出し、先端に長さ5センチメートルほどの緑色円筒状の花穂をつける。秋、地下茎の先に直径1~2センチメートルの塊茎をつける。表面は黒褐色でつやがあり、内部は純白色。冬季に採集し、煮て食用とするが、あくが強い。本州中部地方以西の水田や小川など浅い水の泥中に自生する。近縁種のオオクログワイは大型の栽培種で、中国料理などに用いる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クログワイの関連キーワード畦菅寒枯藺弘法芝弘法麦青菅蚊帳吊草郷麻小米蚊帳吊鏨草水蚊帳釣

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone