コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロヅル(黒蔓) クロヅルTripterygium regelii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロヅル(黒蔓)
クロヅル
Tripterygium regelii

ニシキギ科の落葉つる性低木。おもに西日本と東北地方の日本海側の山中に生じる。茎の太さは 15cmにも及び,内皮はオレンジ色をしている。葉は卵形支脈はあらい皺となり,長さ 10cmにもなる。初夏の頃,淡黄色の細花を枝先につける。果実は 蒴果で,三方に翼を伸ばし,黄褐色になる。ギョウジャカズラの別名があるが,この繊維を行者袈裟を織る経糸 (たていと) に用いたゆえという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロヅル(黒蔓)の関連キーワードニシキギ科