コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロナガアリ

3件 の用語解説(クロナガアリの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クロナガアリ

膜翅(まくし)目アリ科の昆虫の1種。体長5mm内外,黒色で光沢がある。北海道以外の日本と朝鮮に分布し,収穫アリとして有名。乾燥地の地中に5mに達するたて穴を掘り,秋に収穫したイネ科植物の種子をたくわえ食糧にする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロナガアリ【Messor aciculatum】

膜翅目アリ科の昆虫(イラスト)。働きアリの体長は5mm前後,全体に黒色で腹部には光沢がある。巣は日当りのよい草のまばらに生えているような土地につくられ,ほぼ垂直な1~2本の坑道とそれに接続する小室とからなり,深さ3~4mに達するものがある。4,5月ころ,羽アリが婚姻飛行を行うとき以外は春や夏にも巣口が閉ざされており,秋から初冬にかけて巣外活動を行うが歩行などの活動は一般のアリに比べて緩慢である。収穫アリの1種で,草の種を集め巣の小室に蓄え食糧とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロナガアリ
くろながあり / 黒長蟻
[学]Messor aciculatus

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科に属する昆虫。本州、四国、九州および朝鮮半島、中国に分布する。体長は働きアリで約5ミリメートル。体は黒色で、頭は四角張り、縦じわが密にある。草の種子を貯蔵する収穫アリで、乾燥した草地にすむ。巣は地中につくられ、その深さは3メートル以上に及ぶことがある。夏から秋に地上活動を行い、雑草の種子を集め、巣中に蓄える。羽アリは4、5月に飛び出す。[山内克典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロナガアリの関連キーワード蟻塚虫黒大蟻侍蟻白蟻働き蟻鼈甲蜂山蟻黒山蟻蜜蟻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone