コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム=モリブデン鋼 クロム=モリブデンこうchromium-molybdenum steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロム=モリブデン鋼
クロム=モリブデンこう
chromium-molybdenum steel

クロム,モリブデン炭素より成る合金鋼耐熱性耐食性機械的性質にすぐれており,機械構造用鋼熱交換器,圧力容器用の鋼管鋼材,耐食・耐熱用ステンレス鋼などの用途に利用されている。また,特に炭素量 0.13~0.27%のものは,熱処理 (600℃付近での焼入れ・戻し) したものは強靭鋼として強力ボルト,クランク軸などに利用され,浸炭焼入れで表面硬化させたものは耐摩耗性にすぐれ,歯車などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロム=モリブデン鋼の関連キーワード航空機材料クロム

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android