コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強靭鋼 きょうじんこうhigh strength steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強靭鋼
きょうじんこう
high strength steel

一般に構造用鋼として用いられている鋼のうち,特に強度と靭性を強化したものをいう。日本工業規格 JISによると,中炭素鋼,クロム鋼ニッケル鋼クロムモリブデン鋼ニッケル=クロム=モリブデン鋼などがこれにあたる。このほかに,焼入性を向上させるためクロム鋼にホウ素を添加したものなどがある。これらの鋼は熱処理を施されたときにのみその強さと靭性を発揮する。一般的には熱処理温度 550~650℃付近で,引張り強度 700~1000Mpaのものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

強靭鋼【きょうじんこう】

大きい強さと延性をもつ鋼の総称。炭素量0.25〜0.5%の鋼に1〜数種の特殊元素を少量添加した低合金鋼で,クロム鋼,クロム・モリブデン鋼ニッケル・クロム鋼ボロン鋼などが代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強靭鋼
きょうじんこう
high strength steel

ねばり強い低合金(合金元素量が1%前後)構造用鋼。引張り強さが1000~2000メガパスカル程度のもので、これより強力な鋼を超強靭鋼という。炭素を0.3~0.4%含むほか、クロム、マンガン、ニッケル、モリブデンなどを1%前後含む、いわゆる構造用合金鋼はこれに属し、焼入れ後650℃付近で焼き戻して使用される。歯車や車軸など靭性を要求される機械部材に用いられる。
 炭素含有量が0.2%前後の低合金鋼は焼入れ状態でもかなり高い靭性を示すので、この種の鋼は焼入れ後200℃付近で焼き戻して使用され、マルテンサイト鋼ともよばれる。これらは超強靭鋼の一種であり、航空機の脚の材料などに用いられる。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone