コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強靭鋼 きょうじんこう high strength steel

3件 の用語解説(強靭鋼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強靭鋼
きょうじんこう
high strength steel

一般に構造用鋼として用いられている鋼のうち,特に強度と靭性を強化したものをいう。日本工業規格 JISによると,中炭素鋼,クロム鋼ニッケル鋼クロムモリブデン鋼,ニッケル=クロム=モリブデン鋼などがこれにあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

強靭鋼【きょうじんこう】

大きい強さと延性をもつ鋼の総称。炭素量0.25〜0.5%の鋼に1〜数種の特殊元素を少量添加した低合金鋼で,クロム鋼,クロム・モリブデン鋼ニッケル・クロム鋼ボロン鋼などが代表的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強靭鋼
きょうじんこう
high strength steel

ねばり強い低合金(合金元素量が1%前後)構造用鋼。引張り強さが1000~2000メガパスカル程度のもので、これより強力な鋼を超強靭鋼という。炭素を0.3~0.4%含むほか、クロム、マンガン、ニッケル、モリブデンなどを1%前後含む、いわゆる構造用合金鋼はこれに属し、焼入れ後650℃付近で焼き戻して使用される。歯車や車軸など靭性を要求される機械部材に用いられる。
 炭素含有量が0.2%前後の低合金鋼は焼入れ状態でもかなり高い靭性を示すので、この種の鋼は焼入れ後200℃付近で焼き戻して使用され、マルテンサイト鋼ともよばれる。これらは超強靭鋼の一種であり、航空機の脚の材料などに用いられる。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強靭鋼の関連キーワード鋼材セミキルド鋼ばね鋼低温用鋼構造用合板機械構造用鋼強靱鋼クロム・モリブデン鋼一般構造用鋼構造用鋼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone