コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロー族 クローぞくCrow

翻訳|Crow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロー族
クローぞく
Crow

ミズーリ川上流のイエローストーン川およびその支流地域に居住していた北アメリカインディアンの一民族。スー語を話す。かつてはヒダツァ族と隣接して暮していたが,18世紀初頭に別れて西方に移動した。3つのバンドから成ったが,本来は2つであったと考えられる。彼らの生活は野牛ウマが中心で,野牛は食糧,衣服,テント,糸,容器,楯の材料を提供した。ウマの略奪をめぐって戦争が繰返された。食物や家屋,衣服の製作は女性の仕事であった。宗教生活では,断食やみずからの身体に串を刺すなどの荒行によって超自然的な幻視力を身につけ,守護神から呪物の束を授かることが最重要とされた。タバコは敵を打負かすために神から与えられたものとして儀礼的に栽培された。たばこ結社は,クロー族の多くの結社のなかでも,厳粛な入社式 (→イニシエーション ) と高い会費を必要としたが,原則として夫も妻も参加が認められていた。ブラックフット族ダコタ族,そして白人との戦争に敗れたため,1868年にはモンタナ州南部の狭小な指定居留地に移住。今日では人口約 5000と推定され,その多くが居留地以外の土地に住んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クローぞく【クロー族 Crow】

北アメリカ大平原地方北部のミズーリ川上流域に居住するインディアン。言語はスー語族に属する。ミズーリ川中流域のヒダツァ族から分離したといわれる。トウモロコシ,カボチャ,マメ,タバコの栽培とバイソンの狩猟がおもな生業であった。狩猟具は弓矢で,わな,落し穴や崖から追い落とす方法もとられた。野いちご,根茎類の採集も行った。住居は円錐形ティピを使用した。衣類はバイソンや野生の羊の毛皮を材料にし,シャツ,ローブ,すね当て,モカシンなどに加工した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロー族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…そして,バイソンが最も特徴的な大型動物であった。 この領域のおもな原住民はクロー族シャイアン族,カイオワ族などであるが,伝統的には河岸段丘の上で小規模な農耕を行い,季節的には野生植物の採集を行った。また,徒歩によるバイソンの狩猟も行われていた。…

※「クロー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロー族の関連キーワードアメリカインディアン音楽平原インディアン一夫多妻婚ローウィロウィー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android