コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワガタムシ(鍬形虫) クワガタムシ

1件 の用語解説(クワガタムシ(鍬形虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワガタムシ【クワガタムシ(鍬形虫)】

甲虫目クワガタムシLucanidaeに属する昆虫の総称。熱帯地方を中心に世界から約1000種,日本から約30種が知られている。触角は第1節が長く,第2節との間がひじ状に曲がり,先の数節が櫛状になっていること,腹部が5節などの特徴がある。主として夜間活動し,樹液に集まる。色彩も黒色や褐色のものが多い。雄は雌に比べて一般に大あごが著しく発達する。大あごを冑の飾金具のくわ形にみたててクワガタムシと名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クワガタムシ(鍬形虫)の関連キーワード蟻塚虫鰹節虫鍬形虫猿葉虫埋葬虫豆象虫綿虫歩行虫葉虫カクムネヒラタムシ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone