コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマクワガタ Lucanus maculifemoratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマクワガタ
Lucanus maculifemoratus

甲虫目クワガタムシ科。日本産クワガタムシ科の代表種で,南西諸島,対馬などを除き各地に普通にみられる。体長で 43~72mm,雌で 32~39mm。体は光沢のある明るい栗色ないし黒色で,全体に金色微毛がある。雄の大腮は大きく,内歯が発達していて立派である。基方の第1内歯は特によく発達している。後頭部左右はやや盛上り,後方に少し突き出ている。大腮の形によって,いくつかの型に分けられている。成虫は6~9月に現れるが,低山地より高山地のほうが大きい個体が多い。樹液に集り,これを吸う。雄はけんかを好み,樹液場では大腮で他の虫を追払ったりする。灯火にもやってくる。成虫では越冬しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ミヤマクワガタ

頭部にせり出した突起が特徴。涼しく多湿な場所を好み、「深山鍬形」の名前の通り、都内では奥多摩など主に高地に分布する。

(2009-07-31 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

ミヤマクワガタ

ほぼ日本全土に生息する比較的大型のクワガタムシ。酷暑と乾燥に弱いため主に高く深い山(深山=ミヤマ)を生息域とする。旧環境庁により、環境調査のために選ばれる「指標昆虫」に指定されている。オスの体長は22~78ミリメートルほどで、頭部に冠のような平たい突起を持つことと、体長の3~4分の1ほどの太い大アゴ(ハサミ)を持つことが特徴。メスの体長は25~49ミリメートルほどで、ハサミはごく小さい。一部調査によると、2009年くらいから個体数が急速に減少しているという。

(2014-8-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内のミヤマクワガタの言及

【クワガタムシ(鍬形虫)】より

…ノコギリクワガタProsopocoilus inclinatus(イラスト)の大あごは大歯型,中間型,小歯型に大別できる。幼虫の多くは広葉樹の枯木や朽木に穿孔(せんこう)するが,御蔵島産のミクラミヤマクワガタLucanus gamunusのようにイネ科植物が生えた土壌中に生息する種もいる。幼虫はコガネムシ科の幼虫に似ている。…

※「ミヤマクワガタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤマクワガタの関連キーワードクワガタソウ(鍬形草)鍬形虫

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミヤマクワガタの関連情報