コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワンツ Quantz, Johann Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワンツ
Quantz, Johann Joachim

[生]1697.1.30. オーバーシェーデン
[没]1773.7.12. ポツダム
ドイツのフルート奏者,作曲家。ドレスデンの宮廷管弦楽団のオーボエ奏者となり,その後フルートをビュッファルダンに師事し,フルート奏者に転向。 1724年ローマでガスパリーニに対位法を学び,28年プロイセンの皇太子フリードリヒ (のちのフリードリヒ大王) のフルート教師となり,40年フリードリヒの即位後,宮廷作曲家として好遇された。作品には 300曲にのぼるフルート協奏曲をはじめ数多くのフルート曲がある。また著書『フルート演奏の指針』 (1752) は単なるフルート演奏に関する記述ではなく,18世紀の音楽様式,演奏習慣にまで及ぶ広範なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クワンツ【Johann Joachim Quantz】

1697‐1773
ドイツのフルート奏者,作曲家。20代にローマ,ナポリ,パリ,ロンドン等で伝統的な演奏と作曲の技法を学ぶとともに,A.スカルラッティ,J.A.ハッセ,ヘンデルの知遇を得て新しい音楽様式への理解を深めた。その後プロイセンのフリードリヒ大王の即位(1741)と同時に王の側近の楽員のひとりとなり,終生その職務に従事した。彼が円熟期に執筆した《フルート奏法試論Versuch einer Anweisung,die Flöte traversiere zu spielen》(1752)は,フルートの教則本であるにとどまらず,バロック期から古典派の時代へと移行する18世紀中葉の音楽様式と音楽観を今日に伝える貴重な史料である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワンツ
くわんつ
Johann Joachim Quantz
(1697―1773)

18世紀ドイツの作曲家。演奏理論書『フルート奏法試論』(1752)の著者として重要。1月30日、オーバーシェーデンに生まれる。町楽師の修業後、1717年ウィーンに赴き、ゼレンカとフックスのもとで対位法を学ぶ。18年ドレスデンとワルシャワでオーボエ奏者となり、当時最大のフルート奏者ビュファルダンに師事後、フルート奏者となった。24~27年イタリア、パリ、ロンドンに旅行後、ドレスデンに戻るが、28年プロイセン皇太子フリードリヒ(後のフリードリヒ大王)に出会い、彼が国王に即位した41年には宮廷作曲家としてポツダムに招聘(しょうへい)された。大王が好んだフルートのために約300曲の協奏曲、約200曲の室内楽曲を書き、73年7月12日同地で没した。[樋口隆一]
『石原利矩・井本二訳『フルート奏法試論』(1976・シンフォニア)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クワンツの関連キーワードスカルラッティ(Alessandro Gaspare Scarlatti)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android