コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グァバ

栄養・生化学辞典の解説

グァバ

 [Psidium arboreum],[P. guajava].フトモモ目フトモモ科バンジロウ属に属する.果実を食用にする.芳香がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

食の医学館の解説

グァバ

《栄養と働き&調理のポイント》


 グァバは熱帯アメリカ原産で、日本でも沖縄や鹿児島南部で栽培されています。
 果実は球形、洋ナシ型があり、果肉の色も、白色から淡紅色まであります。
○栄養成分としての働き
 グァバの特徴は、ビタミンCが豊富なことです。100gあたりの含有量は220mgと、くだもののなかでは第2位を誇り、中程度の大きさのものなら2分の1で1日の必要量を摂取することができます。このため美容はもちろん、かぜの予防にも有効です。
 さらに赤肉種はカロテンが100g中600μgと多く、粘膜(ねんまく)の免疫力を高めます。
 またカロテンには抗酸化作用があるので、肺がんなど粘膜のがん予防や老化防止に役立ちます。カロテンはビタミンCといっしょにとると、紫外線への抵抗力を増すことが知られています。
 グァバの葉にはインスリンの作用に似た成分が含まれていて、この成分が血糖値を下げることが判明しており、軽度の糖尿病には効果が期待できます。
 また糖質の分解を助け、エネルギーの代謝を促進するビタミンB群も含まれており、疲労回復にも期待ができます。

出典 小学館食の医学館について 情報

グァバの関連キーワードおなかの調子をととのえる食品(具体的な商品名)老化はこうして予防する小児ぜんそく小児糖尿病ビタミンC果実類肺炎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android