コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グァバ

2件 の用語解説(グァバの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

グァバ

 [Psidium arboreum],[P. guajava].フトモモフトモモ科バンジロウ属に属する.果実を食用にする.芳香がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

ぐぁば【グァバ】

《栄養と働き&調理のポイント
 グァバは熱帯アメリカ原産で、日本でも沖縄や鹿児島南部で栽培されています。
 果実は球形、洋ナシ型があり、果肉の色も、白色から淡紅色まであります。
○栄養成分としての働き
 グァバの特徴は、ビタミンCが豊富なことです。100gあたりの含有量は220mgと、くだもののなかでは第2位を誇り、中程度の大きさのものなら2分の1で1日の必要量を摂取することができます。このため美容はもちろん、かぜの予防にも有効です。
 さらに赤肉種はカロテンが100g中600μgと多く、粘膜(ねんまく)の免疫力を高めます。
 またカロテンには抗酸化作用があるので、肺がんなど粘膜のがん予防や老化防止に役立ちます。カロテンはビタミンCといっしょにとると、紫外線への抵抗力を増すことが知られています。
 グァバの葉にはインスリンの作用に似た成分が含まれていて、この成分が血糖値を下げることが判明しており、軽度の糖尿病には効果が期待できます。
 また糖質の分解を助け、エネルギーの代謝を促進するビタミンB群も含まれており、疲労回復にも期待ができます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

グァバの関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント開発ポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グァバの関連情報