コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアドループ Guadeloupe

世界大百科事典 第2版の解説

グアドループ【Guadeloupe】

カリブ海,小アンティル諸島のリーワード諸島に属し,イギリス領アンティル諸島の中に位置するフランスの海外県。面積1780km2,人口41万(1993)。主島はグアドループ島。1493年のコロンブスによる発見後,17世紀初めまでスペイン領であった。1635年,フランス人が占領して以来,英仏間に争奪戦が演じられたが,1815年のパリ条約でフランス植民地となり,1946年に海外県になり,さらに74年には〈地域圏région〉の地位も与えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアドループ
ぐあどるーぷ
Guadeloupe

カリブ海東部にあるフランスの海外県。小アンティル諸島中のリーワード諸島南部に位置する。主要部は西のバス・テール島と東のグランド・テール島の二つの島(2島は架橋されている)であり、その他南方のマリー・ガラント島、サント島などの島々から構成される。総面積1705平方キロメートル、総人口42万2496(1999)。バス・テール島とグランド・テール島の二つを合わせてグアドループ島とよぶこともある。バス・テール島は火山島で、ここのスーフリエール火山は1976年突然噴火した。同島のバス・テールはグアドループの中心都市で人口は1万2410(1999)。グランド・テール島はサンゴ礁の島である。主産物は砂糖、バナナ、コーヒー、カカオ、ラム酒。1635年先住民のカリブ人を追い出してフランス人が入植したが、領有権をめぐってイギリスと争い、1815年にフランス領となり、1946年フランスの海外県に昇格した。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グアドループの関連キーワードローラ フレセル・コロビクジャン・マルク モルメクサン・ジョン・ペルスサン=ジョン・ペルスフランスの海外領土リーワード[諸島]ポアンタ・ピートルポアンタ・ピートルサン・マルタン島マリーズ コンデサン=ジョルジュポワンタ・ピトルポアンタピートルサンバルテルミ島マリガラント島サンマルタン島フランス(国)西インド諸島パイナップルサンマルタン

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グアドループの関連情報