コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアルディ Francesco Guardi

百科事典マイペディアの解説

グアルディ

イタリアの画家。ベネチア生れ。18世紀のベネチア絵画を代表する一人で,師のカナレットとともに〈ベドゥータ〉(おもに一般の観光客用に描かれたパノラマ的な都市風景画)の画家として有名。
→関連項目ロココ美術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グアルディ【Francesco Guardi】

1712‐93
イタリアの画家。ベネチアの画家一家に生まれ,人物画家である兄ジョバンニ・アントニオGiovanni Antonio Guardi(1698か99‐1760)の協力者として前半生を過ごし,兄の死後,ベネチアの〈ベドゥーテvedute〉(都市景観図)を主として描くようになる。18世紀ベネチアの代表的風景画家としてカナレットと並び称せられ,その弟子という説もある。しかし,軽快な筆触の効果を生かした描法でベネチアの光と水と空気の印象をとらえて,詩情に満ちた画面をつくり出す作風は,客観的記録性の強いカナレットの都市景観図の対極に位置するものといってよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グアルディ【Francesco Guardi】

1712~1793) イタリアの画家。生地ベネチアの都市風景を描き、印象派風の作風は近世ヨーロッパ風景画の発展に一時期を画した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアルディ
ぐあるでぃ
Francesco Guardi
(1712―1793)

イタリアの画家。ベネチアの画家一族グアルディ家の一員。父ドメニコの後を継いだ長兄ジョバンニ・アントニオに画業を習い、初めはこの兄のもとで主として宗教画を手がける。しかしその一方で彼は、マルコ・リッチが広めた「カプリッチョ」とよばれる仮想の風景画や、ベネチアの街をカメラ・オブスキュラ(暗箱)で、正確に描写したカナレットの絵に早くから興味を示した。後年、とくに1769年の兄の死後は、もっぱらこの種の作品を制作する。ベネチアを描いた彼の風景画はカナレットのそれとは異なり、独特の叙情性と幻想性にあふれている。また軽妙で暗示に富んだ筆致が描き出すその世界は、19世紀の印象派の絵画に通ずるところがある。彼はカナレットのように外国人の注意をひくこともなく、73歳になってようやくアカデミーの会員に選ばれたほど、その生涯はつつましく、その制作態度は職人的であった。だが彼の作品は特有の近代性を有しており、ベネチア・ロココ美術のなかでも異彩を放っている。[石鍋真澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグアルディの言及

【イタリア美術】より

バロック美術
【18~19世紀】
 18世紀は,ベネチアが,印象主義の真の祖とも呼びうる〈ベドゥータveduta(眺望画)〉によって,現代を予告している。カナレット,F.グアルディは,外光の描写を初めて実現した。また,ローマでは建築家G.B.ピラネージが古代ローマの遺跡の版画集を出版し,新古典主義に大きな刺激を与えた。…

【ベネチア派】より

…ジャンル的には,とくにベネチア派独自のものとして街景画(ベドゥータveduta)と肖像画をあげることができよう。ヤコポ・ベリーニ以来の人物より環境空間を重視する傾向は,一方ではジョバンニ・ベリーニ,ジョルジョーネ,初期のティツィアーノという抒情的な理想郷的風景表現の系譜となり,他方でジェンティーレ・ベリーニやカルパッチョから18世紀のカナレット,ベロットに至る都市空間を明晰な遠近法で再現する街景画の系譜となって,近代的風景画の中に流れ込んでいく(この中でグアルディは街景画を非現実的な詩的幻想に転じたことで異色の存在である)。一方,肖像画は,ジョバンニ・ベリーニやアントネロ・ダ・メッシナからロット,ティツィアーノ,ティントレットに至る伝統が,濃密な生動感と鋭敏な精神性をたたえた近代的肖像画の源泉として輝かしい光彩を放っている。…

※「グアルディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グアルディの関連キーワードジョゼップ グアルディオラカルロス ルイス・サフォンカール ラーナーマリオ ゲッツェグアルディア岩オリベイラ新表現主義ティエポロ5月10日印象主義ラーナー一時期ロンギ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android