グラス(読み)ぐらす(英語表記)Günter Grass

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラス(Gnter Grass)
ぐらす
Gnter Grass
(1927―2015)

ドイツの小説家。ダンツィヒ(現、ポーランドのグダニスク)に食料品店主の子として生まれる。父はドイツ人で、母は西スラブ系少数民族のカシュバイ人。第二次世界大戦下、17歳で戦車兵となり、負傷して入院、アメリカ軍捕虜となり、1946年に釈放される。のち、旧西ドイツでカリ鉱山の運搬係、石工見習、ジャズバンドマンなどの職につき、1948年から3年間はデュッセルドルフ美術学校で彫刻と版画を学ぶ。1955年、南ドイツ放送の叙情詩コンクールに入賞してから詩人、不条理演劇の作家として一部に認められるが、やがて長編処女作『ブリキの太鼓』(1959)を発表し、戦後最大の物語作家として世界の注目を浴びた。続く中編『猫と鼠(ねずみ)』(1961)、長編『犬の年』(1963)でも前作同様ダンツィヒを舞台に、戦前から戦後にわたる時代の過誤と対決している。1961年から政治に参加し、終始社会民主党にくみして精力的に応援活動を続けてきた。その模様は戯曲『賤民(せんみん)の暴動稽古(けいこ)』(1966)、評論集『自明のことについて』(1968)、中編『蝸牛(かたつむり)の日記から』(1972)などに端的に示されている。1977年には、人類の歴史全般を視野に収める大作『ひらめ』を発表し、物語作家としても健在ぶりを示した。その後も創作活動は活発で、『頭脳の所産』(1980)、『女ねずみ』(1984)、『鈴蛙(すずがえる)の呼び声』(1992)、『はてしなき荒野』(1995)、評論集『抵抗を学ぶ』(1984)、『ドイツ統一問題について』(1990)などがある。1981年核兵器の廃絶を訴える文学者声明に署名。1982年社会民主党に入党(1992年離党)。1990年10月のドイツ統一に際しては、西ドイツ政府の統一政策に反対した。1978年(昭和53)来日。1999年ノーベル文学賞受賞。[宮原 朗]
『中野孝次訳『犬の年』上下(1969・集英社) ▽高本研一訳『蝸牛の日記から』(1976・集英社) ▽マルグル・フリッツェ編、高本研一・斎藤寛訳『ギュンター・グラスの40年――仕事場からの報告』(1996・法政大学出版局)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラスの関連情報