グラベット文化(読み)グラベットぶんか(英語表記)Gravette culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後期旧石器時代ヨーロッパ黄土地帯を中心にして栄えた文化。石刃を原材として使用し,尖頭器ナイフ形石器刻器削器などの石器をつくり,骨角器も使用している。いわゆる旧石器時代のビーナスと呼ばれる婦人像の大半はこの文化に伴う。オーリニャック文化とほぼ同時期に現れ,フランスなどでは,同一地域に両文化がみられるところもある。フランスでは上部ペリゴール文化と呼ばれることが多い。グラベット文化は後期旧石器時代後葉には,それぞれの地域でその環境に応じて多様化し,地方色豊かなものになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

南西フランス,ドルドーニュ県のグラベットGravette遺跡標準遺跡とする後期旧石器時代文化。古くはオーリニャック文化後期とされたことがあり,またペイロニはペリゴール文化第IV期に位置づけた。標準石器は石刃の片縁を直線形に刃つぶしした尖頭器で,これはグラベット型尖頭器と呼ばれる。ただ一般的に最も多く見られる石器は細部調整切面彫器である。この文化層に後続するのは三つの文化層であることがいくらかの遺跡で確認されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグラベット文化の言及

【オーリニャック文化】より

…オーリニャック文化は,20世紀初頭,ムスティエ文化ソリュートレ文化の間に位置づけられ,その後H.ブルイユによって3期に区分された。さらにその前・中・後の各期はおのおのをシャテルペロン文化,オーリニャック文化,グラベット文化と呼ばれることになる。しかし他方この中期にあたるオーリニャック文化を第I~V期に細分し,それに並行してシャテルペロン文化とグラベット文化が一系列に連続して存在したとするD.ペイロニの説が提唱された。…

※「グラベット文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報