コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリゴーリエフ Grigor'ev, Apollon Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリゴーリエフ
Grigor'ev, Apollon Aleksandrovich

[生]1822.8.1. モスクワ
[没]1864.10.7. ペテルブルグ
ロシアの評論家,詩人。下級官吏の家に生れ,モスクワ大学に学んだ。 1846年処女詩集を刊行。この頃各種の雑誌に評論を発表しはじめ,51~56年には『モスクワ人』 Moskvityanin誌の主導的な評論家となった。 61年 F.ドストエフスキーと親交を結び,雑誌『時代』『世紀』に寄稿。スラブ主義や芸術至上主義者,革命的民主主義者を「理論家」と呼んで対立した。おもな評論に,『プーシキン死後のロシア文学大観』 Vzglyad na russkuyu literaturu po smerti Pushkina (1859) ,『わが国の文学における国民性理念の発達について』O razvitii idei narodnosti v nashei literature (61~62) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリゴーリエフ
ぐりごーりえふ
Аполлон Александрович Григорьев Apollon Aleksandrovich Grigor'ev
(1822―1864)

ロシアの批評家、詩人。モスクワ大学法学部卒業(1842)後、法学の教師となる。さまざまな文学・思想上の遍歴ののち、ロシアの伝統的な生活様式を賛美するようになり、批評家としては、文学の社会性と現実への適合を唱える1850年代の主流に抗して、芸術の自律性を前提とする「有機的批評」を主張した(『有機的批評の法則と用語』1859)。その仕事は、自己の内面と現実との悲劇的な矛盾を叙情的に歌った詩作品ともども、生前よりはむしろ死後、なかんずく20世紀初頭のロシア象徴派の人々によって正当に評価された。[藤家壯一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グリゴーリエフの関連キーワードショスタコビチ8月1日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android