コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリムの法則(言語学) Grimms' law

1件 の用語解説(グリムの法則(言語学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

グリムの法則【Grimms' law】

ドイツの言語学者グリム(J. Grimm,弟W. Grimmとともに童話集を編纂した)の発見した古典語とゲルマン語の間にみられる子音対応についての法則.次の三法則からなる.

●印欧基語の無声閉鎖音[p,t,k]はゲルマン基語では無声摩擦音の[f,θ,x→h]となる.

●印欧基語の有声閉鎖音[b,d,g]はゲルマン基語では無声閉鎖音の[p,t,k]となる.

●印欧基語の帯気音[bh,dh,gh]はゲルマン基語では無帯気音有声音)[b,d,g]となる.

無声摩擦音と帯気音をグループA,無声閉鎖音をグループT,有声音をグループMと分類すると,図のように推移の法則性を表すことができ,これによって音韻対応から比較言語学の研究手段が確立されることとなった.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

グリムの法則(言語学)の関連キーワードグリム兄弟の家時永洋グリム兄弟グリムの法則(結晶)不思議な世界の物語GRIMM グリムグリムの法則伝説農奴制

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone