コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルートフォンテーン Grootfontein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルートフォンテーン
Grootfontein

ナミビア北東部の町。ウィントフーク北北東約 340kmに位置。国内鉄道網の北東の終点。農産とリン鉱石開発の中心地。1920年巨大な隕石が発見されたことで知られる。人口 2万1595(2001速報値)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グルートフォンテーン
ぐるーとふぉんてーん
Grootfontein

アフリカ南西部、ナミビア北部の町。カラハリ砂漠の西部、標高1500メートルの高原に位置する。人口1万1000(1999)。オアシス・タウンとして建設され、幹線鉄道の終点となってから発展した。周辺ではウシの放牧や湧水(わきみず)による農業が行われ、西方の山地では銅、鉛、亜鉛などの鉱業開発が進められている。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グルートフォンテーンの関連キーワードミデルブルグボーア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android