コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレートバリアリーフ Great Barrier Reef

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレートバリアリーフ
Great Barrier Reef

堡礁ともいう。オーストラリアクイーンズランド州北東岸の沖約 16~160km,面積 20万 km2あまりの海域に広がる世界最大のサンゴ礁トレス海峡から南回帰線付近にいたるまで,幅 24~145km,長さ約 2000kmにわたって発達し,北東岸の自然の防波堤となっている。さまざまな形の多数のサンゴ島やサンゴ礁が,北部では海岸に近く,南部では海岸から遠く離れて連なる。グレートノースイースト,フリンダーズ,トリニティ,キャプリコーンなどの水道が通路になり,礁内にノーサンバーランドカンバーランド,ウィットサンデー,ヒンチンブルックなどの島がある。グリーン島ヘロン島をはじめ,観光地として航空機や遊覧船で訪れる観光客でにぎわう。観光開発,石油探査,ヒトデ退治の薬剤散布などをめぐって,環境破壊の論議が生じている。 1981年世界遺産自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グレートバリア‐リーフ(Great Barrier Reef)

オーストラリア北東部、クイーンズランド州東部の珊瑚海(さんごかい)にある世界最大の珊瑚礁。長さ約2000キロ。大小700もの島が点在する。グリーン島ヘイマン島ハミルトン島ヘロン島をはじめ自然豊かな島々が多く、同国随一の観光地として世界的に知られる。1981年、世界遺産(自然遺産)に登録された。大堡礁(だいほしょう)。→堡礁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

グレートバリアリーフ

コーラルブルーの海とカラフルな魚たち。グレートバリアリーフは、オーストラリアの東海岸北部、北はケープヨークから南はバンダバーグまで、およそ全長2300kmにわたって広がる珊瑚礁地帯です。およそ200万年以上前から少しづつ成長してきた珊瑚礁によって形成され、生息する珊瑚は約400種、魚は約1500種と、手つかずの海が広がります。一般の観光客の方はもちろん、ダイバーにとっても憧れのダイビングスポットになっています。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

グレートバリアリーフの関連キーワードグレートバリアリーフ海中公園ハミルトン島コアラギャラリーレディーマスグレーブ島ウィットサンデー諸島ホワイトヘブンビーチレディーエリオット島ウィットサンデー島ニューカレドニア島グレートケッペル島ヒンチンブルック島フランクランド諸島サンゴの増殖研究ニンガルーリーフオーフィアス島サウスモール島フィッツロイ島デイドリーム島ブランプトン島マグネチック島グラッドストン

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレートバリアリーフの関連情報