コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレートバリアリーフ グレートバリアリーフ Great Barrier Reef

翻訳|Great Barrier Reef

3件 の用語解説(グレートバリアリーフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレートバリアリーフ
グレートバリアリーフ
Great Barrier Reef

大堡礁ともいう。オーストラリアクイーンズランド州北東岸の沖約 16~160km,面積 20万 km2あまりの海域に広がる世界最大のサンゴ礁トレス海峡から南回帰線付近にいたるまで,幅 24~145km,長さ約 2000kmにわたって発達し,北東岸の自然の防波堤となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グレートバリア‐リーフ(Great Barrier Reef)

オーストラリア北東部、クイーンズランド州東部の珊瑚海(さんごかい)にある世界最大の珊瑚礁。長さ約2000キロ。大小700もの島が点在する。グリーン島ヘイマン島ハミルトン島ヘロン島をはじめ自然豊かな島々が多く、同国随一の観光地として世界的に知られる。1981年、世界遺産自然遺産)に登録された。大堡礁(だいほしょう)。→堡礁

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

グレートバリアリーフ

コーラルブルーの海とカラフルな魚たち。グレートバリアリーフは、オーストラリアの東海岸北部、北はケープヨークから南はバンダバーグまで、およそ全長2300kmにわたって広がる珊瑚礁地帯です。およそ200万年以上前から少しづつ成長してきた珊瑚礁によって形成され、生息する珊瑚は約400種、魚は約1500種と、手つかずの海が広がります。一般の観光客の方はもちろん、ダイバーにとっても憧れのダイビングスポットになっています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレートバリアリーフの関連キーワードコーラルコーラルシーコーラルフィッシュコーラルリーフルーラルフルーツバスケット ラフランスリアルブルーレイ里の自然村 ルーラル吉瀬カラフルな闇ブルーラグーンアイランド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレートバリアリーフの関連情報