コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・バリア・リーフ ぐれーと・ばりあ・りーふ Great Barrier Reef

翻訳|Great Barrier Reef

3件 の用語解説(グレート・バリア・リーフの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

グレート・バリア・リーフ

1981年に世界遺産に登録されたオーストラリア北東岸に広がる世界最大のサンゴ礁地帯。南緯10度から24度にかけて広がり、2600kmを超える長さに2900以上のサンゴ礁と約900の島を持っている。総面積は344400平方kmを超える。2012年10月、米科学アカデミー紀要に発表された研究結果によると、天敵のオニヒトデの大量発生やサイクロン、海水温の上昇が原因の「白化」現象などによってサンゴが減り続け、群生する場所が調査を始めた27年前と比べて半減しているという。オーストラリア海洋科学研究所は、サンゴ礁は今後10年間で、更に半減する恐れがあると警告している。

(2012-10-04)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グレート・バリア・リーフ

オーストラリア北東,クイーンズランド州東海岸沿いに連なる世界第1のサンゴ礁。大堡礁(だいほしょう)ともいう。クイーンズランド準平原の外縁部に成長したもので,幅15〜140km,延長2000km。
→関連項目オーストラリアクイーンズランド[州]ケアンズサンゴ(珊瑚)海ヨーク岬半島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・バリア・リーフ
ぐれーとばりありーふ
Great Barrier Reef

オーストラリア大陸北東部、クイーンズランド州東岸の沖合い、南緯10~24度にある世界最大のサンゴ礁。「大堡礁(だいほしょう)」と訳される。長さ約2000キロメートル、海域の面積約20万平方キロメートル。北部から南部に向かってしだいに海岸から遠ざかり、幅が広くなる。幅は20~240キロメートル。サンゴ島や、かつての本土の一部が沈降した島など、大小700の島が散在する。サンゴ層は約1万5000年前から形成され、厚さは最大152メートルに達する。生きたサンゴは約350種に上り、このほか世界最大の貝(シャコガイ)を含む多くの魚貝類や鳥類が生息しており、野生生物の保護地域になっている。しかし近年、ヒトデの一種(オニヒトデ)による生きたサンゴの被害が問題となっており、天敵(貝の一種)の導入など、いくつかの対策が検討されている。また、石油資源探査を含む経済活動や、本土側からの排出物などによる海域の汚染の可能性も問題となっている。
 オーストラリアの代表的な観光地の一つで、年間30万人を超える観光客が、サンゴ礁の景観と温暖な気候を求めて訪れる。とくにグリーン島(ケアンズ沖合い)やヘロン島(グラッドストーン沖合い)など、いくつかの島にはホテルなどの観光施設もあり、定期船やヘリコプター便などで結ばれている。そのほかの島々にも、本土側の主要都市を基地に、遊覧航海や遊覧飛行の便がある。1606年トレス、1770年クック、1802年フリンダーズが来航した。1981年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレート・バリア・リーフの関連キーワードベラトΚαστράκιハイコーストメルビッシュルスト世界遺産暫定リストオーストラリアのゴンドワナ雨林シドニー-オペラハウスハード島とマクドナルド諸島バムとその文化的景観

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレート・バリア・リーフの関連情報