コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グログラン grosgrain

翻訳|grosgrain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グログラン
grosgrain

グログレーンともいい,きめが粗いという意味のフランス語から出ている。横うねが太くてはっきり見える平織物の一種。横うねの生地のなかでは風合いが最も硬い。うねが高くて丸いのが特徴。以前は絹織物に限られたが,その後の技術革新によって,木綿,ウール,レーヨンを使ったものをもいうようになった。絹織物はカクテルドレスやアフタヌーンドレス綿織物はスーツやツーピース毛織物はツーピースなどに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グロ‐グラン(〈フランス〉gros-grain)

織り目を横に高くした、絹または化繊などの平織りの織物。光沢があり、ドレス・ガウン・リボンなどに用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グログラン

横に畝(うね)を表した平織の織物。絹織物が多いが,毛,綿,化繊もある。組織は密で張りがあり装飾的なので婦人服地や袋物地とされる。またリボンとして装飾や帽子の内側に張るサイズリボン,編物地の裏打ちなどに利用される。
→関連項目ファイユ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グログラン【gros‐grain[フランス]】

経(たて)に細い生糸を,緯(よこ)に数本引きそろえた太い絹糸を用いて平織にした絹織物。経糸が密で緯糸が太いため,経糸が緯糸を包むようなかたちとなり横畝を生じるのが特徴。緯糸は見えないので,梳毛(そもう)糸や,次いで綿糸なども用いられるようになり,現在では経緯ともに綿糸によるものも製作されている。経糸に絹,人絹アセテート,ポリエステルの片撚糸を用いたものは光沢が美しく,正装用のコートやドレスに用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グログラン【gros-grain】

太い糸を織り込んで横うねを表した平織物。婦人服やリボンに用いる。グログラン-リボン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グログラン
ぐろぐらん
gros grainフランス語

もとは経糸(たていと)に細い生糸を使い、緯糸(よこいと)に太い生糸、または梳毛糸(そもうし)を一度に数本ずつ引きそろえにして打ち込み、撚(よ)り方向に太い畝(うね)を出した織物であったが、のちに木綿や化合繊を使ったものもできた。この横の畝は、高くて丸みがあるのが特徴で、横張りのある生地である。一般に仕上げは堅くて手ざわりはこわい。この性質を利用して、婦人用コート、服地、縁飾り、リボンなどに使われる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グログランの関連キーワードグログレーン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android