コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロムイコ グロムイコ Gromyko, Andrei Andreevich

4件 の用語解説(グロムイコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロムイコ
グロムイコ
Gromyko, Andrei Andreevich

[生]1909.7.18. ベラルーシゴメリ
[没]1989.7.2.
ソ連の外交官。 31年入党。 1934年ミンスク農業経済大学卒業。モスクワのソ連アカデミー経済研究所員,『経済学の諸問題』誌編集委員会書記などを経て,39年外務省アメリカ局長。 39~43年アメリカ駐在大使館参事官,43~46年アメリカ駐在大使 (キューバ駐在大使兼任) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グロムイコ

ソ連の政治家,外交官。1939年以来一貫して外交問題に従事。第2次大戦中はテヘランヤルタポツダム各会議に列席。国連代表,外務次官等を経て1956年以降共産党中央委員,1957年―1985年外相,1983年―1985年第一副首相兼任,1985年―1988年最高会議幹部会議長

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グロムイコ【Andrei Andreevich Gromyko】

1909‐89
ソ連邦の外交官,政治家。現在の白ロシア共和国ゴメリ州の農家に生まれ,1932年,経済大学を卒業後,研究機関に勤務していたが,39年から外交畑に転じ,まず外務人民委員部米州諸国課長,ついで駐米大使に任命され,第2次世界大戦中の重要な国際会議にも参加した。46‐49年,国連安全保障理事会ソ連代表として活躍し,しばしば拒否権を行使したところから,〈ミスター・ニェット〉の異名を与えられた。その後外務次官,駐英大使を歴任し,53年には再び外務次官に戻り,57年2月には外務大臣に就任し,85年7月まで務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロムイコ
ぐろむいこ
Андрей Андреевич Громыко Andrey Andreevich Gromko
(1909―1989)

ソ連の政治家。7月6日ベロルシア(現ベラルーシ)のミンスク近郊で生まれる。1931年に入党。ミンスク農業大学、ソ連農業経済研究所大学院で学んだのち、1936年に経済研究所研究員となる。1939年に外務省に転じ、駐米大使、国連安保理常任代表、外務次官、同第一次官、駐英大使などを経て、1957年2月に外務大臣。以来1985年7月まで28年間その職にあった。1956年経済学博士。党でも1952年に中央委員候補、1956年に中央委員、1973年4月には職業外交官としてソ連史上初めて政治局員となる。1983年3月には外相兼務のまま第一副首相に昇進、1985年3月のゴルバチョフ書記長の選出にあたっては推薦演説を行った。同年7月外相を辞してソ連最高会議幹部会議長に選出され、国家元首となる。1988年に辞任。第二次世界大戦中から戦後にかけてのテヘラン、ヤルタ、ポツダムの各会議をはじめ、戦後の多くの重要会議に出席。長年の経験を生かし、外交に手腕を発揮した。[中西 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロムイコの関連キーワード白ロシアロシア人ソ連邦EHカー労農ロシアソビエト連邦共産党イグナティエフウドムルト[共和国]カバルディノ・バルカル[共和国]サハ[共和国]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グロムイコの関連情報