コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイビラン Alectorurus yedoensis (Maxim.) Makino

2件 の用語解説(ケイビランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケイビラン【Alectorurus yedoensis (Maxim.) Makino】

西南日本の太平洋側の山地の岩場に生育する1属1種で日本特産のユリ科植物(イラスト)。ユリ科の中では特殊化の進んだ群であるツルボラン亜科に属し,熱帯性のオリヅルラン属などに類縁があると考えられている。夏緑性の多年草。葉は根生し,鎌形に曲がった線形でやや肉質,裏面に白い線があって美しい。ケイビランは鶏尾蘭の意味で,鎌形に曲がって叢生(そうせい)する葉をニワトリの尾に見たてたもので,属名も同義である。花茎は高さ10~40cm,扁平で両側にはりだした狭い翼がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイビラン
けいびらん
[学]Alectorurus yedoensis (Maxim.) Makino

ユリ科の多年草。地下茎は太く、短い。根出葉は叢生(そうせい)し、互いに重なり合って、一方向に鎌(かま)形線形に強く反り返る。葉鞘(ようしょう)は膜質で短い筒状。雌雄異株。8月ころ、円錐(えんすい)花序に小形で白色または淡紫色の雄花、雌花を下向きにつける。長さ4~8ミリメートルの花柄の基部には披針(ひしん)形の包葉がある。本州の奈良県、和歌山県、小豆島(しょうどしま)のほか、四国、九州、屋久島(やくしま)の岩上にまれに生育する。日本特産の1属1種の植物。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイビランの関連キーワード関東平野西南日本西南日本外帯西南日本内帯本州表日本太平洋側気候こませ醤蝦カワノリミツバツツジ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone