コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケッセル ケッセル Kessel, Joseph

4件 の用語解説(ケッセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケッセル
ケッセル
Kessel, Joseph

[生]1898.2.10. アルゼンチンクララ
[没]1979.7.23. パリ近郊アベルヌ
フランスの小説家,ジャーナリストロシア人の両親をもち,最初ロシアで教育を受けた。ロシア革命に取材した『赤い草原』 La Steppe rouge (1922) ,飛行士体験を小説化した『搭乗員』L'Équipage (23) を発表して注目された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケッセル

フランスの作家。アルゼンチン生れのロシア系。冒険と行動の小説が特色。作品は《とらわれの人びと》《王侯たちの夜》,《昼顔》(1929年),《幸福の後に来るもの》4巻(1950年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケッセル【Joseph Kessel】

1898‐1979
フランスの小説家,ジャーナリスト。ユダヤ系ロシア人を父としてアルゼンチンに生まれ,ロシアとパリで学んだ。パリで第1次大戦にあい,新聞記者として活動をはじめるとともに空軍に志願して空中戦を経験した。この時に知った闘う男の友情が以後の作品の主要なテーマとなる。作家としてはロシアを舞台とする《赤い草原》(1922)が処女作,《プリンスたちの夜》(1928)ではアカデミー賞を受賞。一方《搭乗員》(1923)から《空の大隊》(1946)にいたる戦争小説で人気を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケッセル
けっせる
Joseph Kessel
(1898―1979)

フランスの小説家。ユダヤ系ロシア人としてアルゼンチンに生まれる。ロシア、フランス両国で教育を受けてジャーナリストとなる。第一次世界大戦中は航空士官、その後シベリア踏査などに参加。以後世界各地の大事件をルポルタージュする。その体験から『赤い草原』(1922)、『搭乗員』(1923)を書いて認められ、またスペイン内乱、抗独レジスタンス体験から、『影の軍隊』(1946)、両大戦間期の壮大なパノラマ『幸福の後に来るもの』(1950)、イスラエル建国の物語『愛と火の大地』(1961)、アフガン戦士の冒険『騎兵』(1968)などを書いた。つねに激動のなかに身を置いて冒険の精神を生きた著者の作品は、いずれも世界のリアルな描写のうちに、行動に輝く生命を表現している。また人妻の売春を主題に特異な心理を描く『昼顔』(1928)、人と動物の心を描く『ライオン』(1958)などを含め、多産な創作活動を示した。アカデミー・フランセーズ会員。[小林 茂]
『堀口大学訳『昼顔』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケッセルの関連キーワード国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストゴンクールジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議トリスターナドリュモン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケッセルの関連情報