コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツァール quetzal

翻訳|quetzal

世界大百科事典 第2版の解説

ケツァール【quetzal】

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥(イラスト)。またケツァール属Pharomachrusの鳥の総称。ケツァールPharomachrus mocinno(英名quetzal,resplendent quetzal)は全長約37cm。ただし,雄の飾羽を含む全長は1mに達する。この飾羽は尾羽ではなく,上尾筒の羽毛がのびたもので,4本のうち2本がとくに長い。尾羽はその下に隠れている。雨覆羽も飾羽となって翼の上に垂れ下がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケツァール【quetzal】

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥。全長約40センチメートル。雄の上尾筒は飾り羽となり約1メートルに達する。各部は黄・緑・赤・黒・白などからなり、世界で最も美しい鳥の一種といわれる。中部アメリカに分布。古代マヤやアステカのインディオは「大気の神」として崇拝。グアテマラの国鳥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケツァール
けつぁーる
quetzalresplendent quetzal
[学]Pharomachrus mocinno

鳥綱キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥。世界でもっとも美しい鳥の一つに数えられる。全長は雌で約35センチメートル、雄は飾り羽を含めると約1メートルに達する。雄は頭頸(とうけい)部・背面・上尾筒が金属光沢のある緑色で、風切(かざきり)は黒く、下胸以下の胸は赤い。嘴(くちばし)は黄色。尾羽のようにみえる長い羽毛は尾羽ではなく、上尾筒が伸びたもので、4本のうちの2本がとくに長い。尾羽はこの飾り羽の下にある。メキシコ南部からパナマ西部まで分布し、標高1500メートル以上の森林に単独かつがいで生息する。食物は昆虫類と果実で、普段は高い枝の上で静止していて、獲物をみつけると、さっと飛び出してつかまえる。巣は樹洞の中につくり、1腹2個の卵を産む。古代マヤおよびアステカ・インディアンの間では、この鳥は「大気の神」として崇(あが)められ、首長だけしかその羽毛を身に着けることができなかった。現在ではグアテマラを代表する鳥として国鳥に指定され、国旗、切手、コインなどのデザインに使われている。グアテマラの貨幣の単位もケツァールとよばれる。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケツァールの関連キーワードカンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市キヌバネドリ(絹羽鳥)ケサルテナンゴ世界の国旗ボラドールインディオコバン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android