コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツァール ケツァール quetzal

翻訳|quetzal

4件 の用語解説(ケツァールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ケツァール(quetzal)

キヌバネドリ科の鳥。全長は雌が約35センチ、雄は上尾筒に長い飾り羽があるため約1メートルになる。雄は頭から上面が緑、腹が赤色で金属光沢がある。古代マヤやアステカインディアンでは「大気の神」とされた。グアテマラの国鳥。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケツァール【quetzal】

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥(イラスト)。またケツァールPharomachrusの鳥の総称。ケツァールPharomachrus mocinno(英名quetzal,resplendent quetzal)は全長約37cm。ただし,雄の飾羽を含む全長は1mに達する。この飾羽は尾羽ではなく,上尾筒の羽毛がのびたもので,4本のうち2本がとくに長い。尾羽はその下に隠れている。雨覆羽も飾羽となって翼の上に垂れ下がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケツァール【quetzal】

キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥。全長約40センチメートル。雄の上尾筒は飾り羽となり約1メートルに達する。各部は黄・緑・赤・黒・白などからなり、世界で最も美しい鳥の一種といわれる。中部アメリカに分布。古代マヤやアステカのインディオは「大気の神」として崇拝。グアテマラの国鳥。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケツァール
けつぁーる
quetzalresplendent quetzal
[学]Pharomachrus mocinno

鳥綱キヌバネドリ目キヌバネドリ科の鳥。世界でもっとも美しい鳥の一つに数えられる。全長は雌で約35センチメートル、雄は飾り羽を含めると約1メートルに達する。雄は頭頸(とうけい)部・背面・上尾筒が金属光沢のある緑色で、風切(かざきり)は黒く、下胸以下の胸は赤い。嘴(くちばし)は黄色。尾羽のようにみえる長い羽毛は尾羽ではなく、上尾筒が伸びたもので、4本のうちの2本がとくに長い。尾羽はこの飾り羽の下にある。メキシコ南部からパナマ西部まで分布し、標高1500メートル以上の森林に単独かつがいで生息する。食物は昆虫類と果実で、普段は高い枝の上で静止していて、獲物をみつけると、さっと飛び出してつかまえる。巣は樹洞の中につくり、1腹2個の卵を産む。古代マヤおよびアステカ・インディアンの間では、この鳥は「大気の神」として崇(あが)められ、首長だけしかその羽毛を身に着けることができなかった。現在ではグアテマラを代表する鳥として国鳥に指定され、国旗、切手、コインなどのデザインに使われている。グアテマラの貨幣の単位もケツァールとよばれる。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケツァールの関連キーワードヌバック絹針捏ね取り白千鳥烏帽子鳥絹張りテネドス島屍泥棒キヌバネドリ(絹羽鳥)キヌバリ(絹張)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケツァールの関連情報