コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケニア山 ケニアさんMount Kenya

2件 の用語解説(ケニア山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケニア山
ケニアさん
Mount Kenya

ケニア中部,赤道の南にある火山。キクユ語でケレ=ニアガ(「白い山」の意)といい,国名の由来といわれる。アフリカ大陸でキリマンジャロ山に次ぐ高さで,頂上は多くの峰に分かれ,最高峰はバティアン(5199m),第2峰はネリオン(5188m)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケニア‐さん【ケニア山】

Mount Kenya》ケニア中央部にある火山。標高5199メートル。同国最高峰であり、アフリカ大陸ではキリマンジャロに次ぐ。首都ナイロビの北約150キロメートル赤道直下に位置するが、万年雪と氷河を頂く。標高3350メートル以上がケニア山国立公園として世界遺産自然遺産)に登録されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケニア山の関連情報