コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケネディ家 ケネディけKennedies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケネディ家
ケネディけ
Kennedies

スコットランド南西部の有力な家系。 14世紀に族長としての地位を認められ,15世紀にケネディ卿,16世紀にカシリス伯家となった。2代伯ギルバート (1527没) は複雑な貴族たちの勢力争いのなかで斬殺された。その子の3代伯ギルバート (17?~58) はジェームズ5世の臣下で,1542年ヘンリー8世の軍とソルウェーモスに戦って捕虜になり,釈放後は親イングランド派に転じた。 54年大蔵長官。 58年メアリー・スチュアートの輿入れのお供をしてフランスにおもむき,帰途ディエップで病死。その子の4代伯ギルバート (41?~76) は,フランスでアンリ2世の侍従として仕え,メアリー・スチュアートの帰国後,母国で女王派として反女王派貴族と戦い,敗れて投獄されたが,71年には枢密顧問官に就任。その子の5代伯ジョン (67?~1615) は大蔵長官をつとめ,その甥の6代伯ジョン (1595?~1668) は長老派支持貴族で,枢密顧問官をつとめ,1649~50年亡命中の皇太子チャールズ2世との提携交渉にあたった委員の一人。7代伯ジョン (46?~1701) はローダーデール (公) の支配に反抗して法益を剥奪されたが,名誉革命後,枢密顧問官,大蔵卿に任じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケネディけ【ケネディ家】

アメリカ合衆国第35代大統領J.F.ケネディの一族。1840年代アイルランドの飢饉に際し,曾祖父とともにボストンに移住してきた祖父Patrick J.Kennedyは成功して酒場の主人となり,アイルランド系移民票を背景にボストン政界に進出した。父Joseph Patrick Kennedy(1888‐1969)は銀行家,実業家として成功,ボストン市長の娘と結婚,映画産業でも名をなし,1932年の選挙でF.D.ローズベルトを支援,37年より40年までイギリス大使の職にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ケネディ家の関連キーワード吉岡さくらオーツ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケネディ家の関連情報