コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケマンソウ

2件 の用語解説(ケマンソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ケマンソウ

フジボタンヨウラクボタンタイツリソウなどの別名がある。朝鮮半島,中国北部原産のケシ科の多年草。草たけは30〜50cmで全草は緑白色を帯びる。2回3出の複葉で,小葉には切れ込みがある。
→関連項目コマクサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケマンソウ
けまんそう / 華鬘草
[学]Dicentra spectabilis DC.

ケシ科の多年草。中国原産で、日本では古くから庭園や鉢植えとして観賞されている。草丈は30~60センチメートル。葉は灰緑色、2、3回全裂する羽状複葉で、小葉はくさび形で粗い鋸歯(きょし)がある。4~5月、花茎の先に鮮桃色、扁平(へんぺい)で心臓形、長さ約3センチメートルの花を総状に下垂してつける。白花の品種もある。花が茎の先に下垂して開く姿からタイツリソウ、葉がボタンに似て、花がフジに似ているところからフジボタンの別名もある。近縁種に、北アメリカ原産で、草丈が低く30センチメートルほどのハナケマンソウ、日本の高山に自生するコマクサがある。
 栽培は、排水のよい肥沃(ひよく)な土地で、夏は半日陰になる所がよい。耐寒性は強いので露地で越冬する。繁殖は、秋または早春に根分けするか、花期後にわき芽を挿芽する。[神田敬二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケマンソウの関連キーワード隠しボタン飾りボタン金ボタン包みボタン鼓ボタンボタン戦争ボタンダウンボタンホール押ボタンパージボタン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケマンソウの関連情報