ケマンソウ

百科事典マイペディアの解説

ケマンソウ

フジボタン,ヨウラクボタンタイツリソウなどの別名がある。朝鮮半島,中国北部原産のケシ科の多年草。草たけは30〜50cmで全草は緑白色を帯びる。2回3出の複葉で,小葉には切れ込みがある。4〜5月,斜め横に伸びた花序にコマクサに似た桃色の花が10〜15輪1列につり下がって咲く。観賞用に古くから庭園で栽培。早春に株分けでふやす。名は花を仏具の華鬘に見たてていう。
→関連項目コマクサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケマンソウ
けまんそう / 華鬘草
[学]Dicentra spectabilis DC.

ケシ科の多年草。中国原産で、日本では古くから庭園や鉢植えとして観賞されている。草丈は30~60センチメートル。葉は灰緑色、2、3回全裂する羽状複葉で、小葉はくさび形で粗い鋸歯(きょし)がある。4~5月、花茎の先に鮮桃色、扁平(へんぺい)で心臓形、長さ約3センチメートルの花を総状に下垂してつける。白花の品種もある。花が茎の先に下垂して開く姿からタイツリソウ、葉がボタンに似て、花がフジに似ているところからフジボタンの別名もある。近縁種に、北アメリカ原産で、草丈が低く30センチメートルほどのハナケマンソウ、日本の高山に自生するコマクサがある。
 栽培は、排水のよい肥沃(ひよく)な土地で、夏は半日陰になる所がよい。耐寒性は強いので露地で越冬する。繁殖は、秋または早春に根分けするか、花期後にわき芽を挿芽する。[神田敬二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android